ミシガン湖の底に眠るキリストの十字架像。水難事故者の慰霊碑として沈められたもの(アメリカ)

ミシガン湖の底に眠るキリストの十字架像。水難事故者の慰霊碑として沈められたもの(アメリカ)


 水中に横たわるキリストの像。この像は60年ほど前にアメリカのミシガン湖に沈められたものだという。
 
 水難事故者の慰霊碑としてダイバーを見守る大きな像は、白い大理石でできていて全長およそ3.4m、重量約840kgもある。

 冬は地元の観光スポットにもなる湖底の彫刻。昨年夏、ここを訪れたダイバーがその神秘的な姿を公開していた。
[動画を見る]The Underwater Crucifix! Petoskey, MI HD

【湖の底に沈むキリストの像】

 この像はイタリアで採掘された大理石でできており、ミシガン湖に面したリゾート地、ペトスキー岸近くの水深7mあたりに沈んでいるという。

 投稿者はただこの像を見に来ただけだったが、表面についた付着生物を見かねてブラシなどで綺麗にしたそうだ。

[画像を見る]

 像は地元のダイバーが定期的に手入れしていても、砂をかぶったり藻や貝がつきやすい。掃除後は白い表面が見えるようになり、彼も来て見てよかった、と語っていた。

【もともとは事故死した少年の家族が発注したもの】

 この像はもともとは1956年にミシガン州で農業を営んでいた家族が、事故死した15歳の息子の魂を慰めるためイタリアの業者に依頼したものだった。

 しかし大理石の重い像は輸送中に腕が折れ、設置する予定の教会に着いたときは無残な姿になっていた。

 そのため両親は受け取りを拒み、行き場のなくなった像を保険会社が売りに出すと、1962年に地元のダイバーたちが買い取った。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年6月25日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。