ドイツで、選別後のオスのヒヨコの大量殺処分が合法と認められる

ドイツで、選別後のオスのヒヨコの大量殺処分が合法と認められる

Toa55/iStock
 ニワトリのオスは、卵を産めないし、食肉としても適さないという理由で、ヒヨコの段階で選別され、オスであることが分かると大量に殺処分される。

 その数は、毎年推定40~60億羽にものぼると言われている。

 その処分方法は人道的ではない場合が多く、批判の声が上がっているのが現状だが、そんな中、ドイツの裁判所は、卵の生産者や養鶏業者が不必要なオスのヒヨコを間引いて殺すことを合法だとする裁定を下した。

 ただしこの判決は、殺処分以外の代替案が見つかるまでという期限つきである。
【オスのヒヨコの大量殺害を認める判決。ただし】

 ドイツ連邦行政管理裁判所は、代替案が見つかるまでという期限つきで、鶏産業者のオスのヒヨコの間引き行為を認めた。

 オスのヒヨコの大量間引きは、世界中の鶏産現場で一般的に行われている。

 生まれたばかりのヒヨコは雌雄を鑑別され、オスだけが殺される。その方法は、ガスで窒息させたり、高速粉砕機に放り込まれる。

 ドイツだけで、毎年、オスのヒヨコは4500万羽が処分されているという。

[画像を見る]
RyanJLane/iStock
【動物愛護先進国のドイツの裁判所はなぜこの判決を下したのか?】

 ドイツは動物愛護において先進国である。ドイツの動物福祉法では、正当な理由なしに飼っている動物を痛めつけたり、苦しめたりして危害を加えてはならないとしている。

 2013年、ドイツのノルトラインヴェストファーレン州が、鶏卵の孵化場がヒヨコを殺すのを禁止する行政命令を出した。すると、同州のふたつの孵化場がこれを不服として訴えを起こした。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年6月20日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。