ひづめが曲がって伸び放題。10年以上監禁状態だった馬が保護され、絶望が希望に代わるまでの物語(アメリカ)

ひづめが曲がって伸び放題。10年以上監禁状態だった馬が保護され、絶望が希望に代わるまでの物語(アメリカ)

Days End Farm Horse Rescue/Facebook
 今から4年ほど前に、管理不行き届きの農場から救出・保護された2頭の馬たちがいる。

 馬の蹄(ひづめ)は、およそ1メートルにもなろうかというぐらいに伸びきっていて曲がっていたため、馬は動くこともままならず、10年以上にわたり馬小屋で監禁同然の状態だったという。

 保護した団体スタッフや獣医師が大きなショックを受けるほど、馬の健康状態は酷く、少なくとも15年間医療的ケアを受けていないことがわかった。

 その後の献身的な世話により2頭の馬は完全に回復する。この物語は、絶望的状況の中、かろうじて生きているだけの馬が、人間に支えられ、再び自由に駆け回れるようになるまでの記録である。
【馬小屋に監禁状態だった3頭の馬が保護される】

 2015年、アメリカのメリーランド州ワシントン郡にある愛護協会スタッフは、ウッドバインのとある農場が動物たちを飼育放棄しているという報告を第3者から受け、8月21日に農場へ出向いた。そこで、スタッフらは驚くべき光景を目にした。

 農場にあった馬小屋の中には馬の排泄物が散乱し、肥料と一緒に山積みになっていた。更に最悪なのが、そのような不衛生極まる環境の中で、馬たちは10年以上にわたり監禁状態で飼育放棄をされ続けていたことだった。

 どの馬も背骨が浮き出るほどの栄養失調状態であることは一目瞭然だったが、そのうちの1頭は、靭帯が激しく損傷しており、関節に修復不可能なほどのダメージを与えてしまっていたことから、獣医師により止む無く安楽死となった。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年7月15日のびっくり記事
「ひづめが曲がって伸び放題。10年以上監禁状態だった馬が保護され、絶望が希望に代わるまでの物語(アメリカ)」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    多くの牛は、この馬と同じ状況にあるんだよ。全く動くことが許されず食べ物を与えられるだけ。野原に放したら喜んで巨体で跳ね回った。かわいそうに。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。