O型は血を吸われやすいは本当だった。なぜ蚊に刺されやすい人と刺されにくい人がいるのか?8つの科学的理由

O型は血を吸われやすいは本当だった。なぜ蚊に刺されやすい人と刺されにくい人がいるのか?8つの科学的理由

Kwangmoozaa/iStock
 梅雨が明ければ、夏本番! タンクトップやキャミソールや短パンやサンダルなど、夏服の本格稼働が始まるわけだが、露わになった素肌を狙うあいつらも本格稼働する。そう!蚊だ。

 フーンフーンとうっとうしいことこの上ないわけだが、よく見るとすぐそばにいる友達は別段煩わしそうにはしていない。まさか自分ばかりが標的になっている?

 じつはおよそ2割の人たちは、蚊にとって特に美味しそうに見えるらしく、血を吸われやすいことがわかっている。

 ここでは蚊に刺されやすい人と、刺されにくい人が存在する8つの科学的な理由を見ていこう。
【1. 血液型】

[画像を見る]
iStock
 蚊は血液に含まれるタンパク質が欲しくて血を吸うのだが、どうやら特定の血液型を特に好むようだ。

 ある研究によると、それはO型だ。一番人気のO型の人は、A型に比べて2倍も蚊にとまられることが多いという。B型はその中間だ。

 また遺伝子の働きで85パーセントの人は皮膚からある化学物質を分泌しており、蚊はそれを嗅いで血液型を知ることができる。血液型にかかわりなく、この物質をたくさん分泌している人ほど蚊に刺されやすい。

【2. 二酸化炭素排出量】

[画像を見る]
iStock
 蚊がターゲットを発見するにあたって大切な手がかりとなるのが、人の呼吸に含まれる二酸化炭素だ。蚊は「小鰐髭」という器官を使い、50メートル先の二酸化炭素でも探知できる。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年6月26日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。