王室ゆかりの公園で発見された逆向きの五芒星。ある日忽然と消えるミステリー(スコットランド)

王室ゆかりの公園で発見された逆向きの五芒星。ある日忽然と消えるミステリー(スコットランド)

wagnerm25/iStock
 かつて王室の狩猟場だった公園で、コンクリートにはめ込まれた状態で発見されたのは、謎の祭壇と上下逆向きの五芒星(ごぼうせい)である。

 逆向きの五芒星は悪魔の象徴として、サタニズム(悪魔崇拝)との関連が指摘されており、デビルスターと呼ばれることもある。

 詳しく調査するために考古学者が呼ばれたが、到着したときには、それらは跡形もなく消え去っていたという。

 誰が?いったい何のために?残されたミステリーに関係者は困惑している。
【消えた祭壇と逆向きの五芒星】

 それが見つかったのは、スコットランドの首都エディンバラにあるホリールード・パークだ。

 昨年、スコットランド歴史環境局のレンジャーが地面に人がいじったような跡があり、そこから祭壇らしきものがのぞいているのを発見。掘り起こしてみると、コンクリートにはめ込まれた金属製の五芒星の飾り板が見つかった。

[画像を見る]
twitter@reviewwales
 レンジャーはさらに詳しく調査するべく、考古学者に連絡。しかし専門家が到着したときには、それらの品は跡形もなく消え去っていた――。

【由緒ある王室ゆかりの公園での不法行為】

ホリールード・パークは、1128年にデヴィッド1世がホリールード寺院の狩猟場として設立した、由緒と歴史ある王室ゆかりの公園だ。

 当時、敷地内に建てられたゲストハウスは、やがて立派な王宮に改築され、ホリールードハウス宮殿と呼ばれるようになる。16世紀からスコットランド国王夫妻の住居として使われ、現在でもエリザベス2世の夏の滞在地だ。

 その周囲はあまり人気がなく、何者かが人知れず何かを埋めることもできただろう。

 だが、レンジャーが毎日見回りをしているために、そうしたことがあれば土が掘られた形跡はすぐに発見される。祭壇が見つかったのもそうしたわけだ。

 歴史環境局は次のような声明を出している。

2018年、当局所属のレンジャーがホリールード・パークで地面が乱れた形跡を発見。そこから金属製の五芒星の飾り板が掘り返された。ところがその後、発見物は持ち去られてしまった。ホリールード・パークは指定遺跡であり、無許可でのこうした行為は刑法に抵触する。



【祭壇と五芒星が消え、ミステリーだけ残される】

 祭壇と五芒星が調査されることなく消えてしまったために、結局は謎だけが残されることになった。これらについて指摘されるのは、異教徒やサタン信仰とのつながりだ。

 UKペイガンの代表を務めるマーク・ブラック氏は、五芒星に土・火・風・水の四大元素が描かれていることを指摘し、異教徒(非キリスト・非ユダヤ・非イスラム信仰)と関連しているように見えると話す。

 また五芒星の近くにあったコンクリートで作られた三角形には、ルーンストーンがはめ込まれ、小さな人物像(その1つは、明らかに天使)が描かれていることも、異教との関連性を示している。

 ただし、儀式にコンクリートを使用するのは、従来の異教には極めて珍しいことだという。異教では、儀式に木や石のような天然素材を使うことが望ましいとされているからだ。

私の知るかぎり、コンクリートに五芒星をはめ、しかもそれをそのままにしておく異教徒はいません。異教徒なら、儀式を行った土地を元どおりにしたでしょう。(ブラック氏)

[動画を見る]
Satanic Plaque and Altar Unearthed in The Queen’s Holyrood Park in Scotland

【サタン信仰説】

 サタン信仰との関連を指摘する意見もある。「エンシェント・オリジン」というサイトでは3つの理由を挙げて、異教徒とは無関係で、サタン信仰の気配が窺えると述べている。

 最初の根拠は、先ほど述べた天然素材を使っておらず、代わりにコンクリートを利用していることだ。

 2つめは、五芒星も祭壇も古代の品ではないことだ。それらが発見されたのは土の表面に近いところからで、おそらく古いものではないだろうし、五芒星の見た目も新しいものに思える。

 3つめは、星の向きだ。もし五芒星が、頂点の1つが上を向くように置かれていたのなら、それは四大元素を統べる精霊を表している。

 しかし公園で発見されたもののように、2点が上を向くように置かれていたのならば、それは悪魔のシンボルで、物質が精神に勝利していることを表す。また、それは悪魔のツノの象徴でもあるという。

[画像を見る]
VeraPetruk/iStock
【もう1つの可能性】

 興味深い議論だ。しかし、もっとあり得そうな別の線がある。ただのイタズラという可能性だ。

 ちょっと人を驚かせてやろうと悪ふざけをした連中が、後になって犯罪であることに気がついた。それで慌てて、証拠隠滅のために現場に戻ってそれを持ち去った――。

 あるいは不慣れで、物を知らない異教徒がふさわしくない場所にふさわしくないものを置いてしまった――。

 いずれにせよ、これを行った者たちが、自分の行いを良くわかっていなかったのだろうということについて、ブラック氏も同意している。

References:scotsman / edinburghnews/ written by hiroching / edited by parumo

記事全文はこちら:王室ゆかりの公園で発見された逆向きの五芒星。ある日忽然と消えるミステリー(スコットランド) http://karapaia.com/archives/52276005.html

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年6月30日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。