トーマス・エジソンの助手をしていたガラス吹き職人の手(閲覧注意)

トーマス・エジソンの助手をしていたガラス吹き職人の手(閲覧注意)

commons.wikimedia
 クラレンス・マディソン・ダリー(1865~1904年)は、アメリカの発明家、トーマス・エジソンの助手をしていたガラス吹き職人である。

 当時、自らの手を実験台にしてX線管装置の開発に協力していた。以下の画像は放射線の被ばくにより腫瘍ができてしまったダリーの手である。
 クラレンス・マディソン・ダリーは、自らX線管装置の実験台となったが、手に潰瘍ができてしまった。死から逃れようと、両手を切り落とす壮絶な治療をしたが、その甲斐はなかった。

 進行性のガンにより39歳で亡くなった。ダリーの死後まもなく、エジソンはX線研究を断念した。

ダリーの手
[画像を見る]

【エジソンが記録したX線実験の悪影響】

 1895年、ヴィルヘルム・レントゲンがX線を発見した。これに続いて、エジソンはタングステン酸カルシウムを利用した蛍光透視装置の開発に取り組み、ダリーときょうだいのチャールズは、その助手を務めていた。

 エジソンの透視装置は、シアン化白金バリウムを用いたレントゲンの装置よりも鮮明な像をつくることができた。

[画像を見る]
commons.wikimedia
 当時のX線レベルは、危険ではないと思われていたが、エジソンは、「X線がわたしの助手ミスター・ダリーにどのような有害な影響を及ぼしたか」を記録している。

 1900年までに、放射線の影響でクラレンスの手や顔には潰瘍ができていて、仕事を休まなくてはならないほどだった。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月30日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。