人工的に作られたヒトの大脳で神経活動が確認される(日本研究)

人工的に作られたヒトの大脳で神経活動が確認される(日本研究)

whitehoune/iStock
 私たち人間の体験はすべて脳で作られているが、その仕組みについてはまだまだわからないことがたくさんある。

 たくさんの優れた研究者が日夜研究に励んでいるのに、なかなか理解が進まない原因の1つは、脳を研究するのが難しいことだ。人間の生きた脳を実験台にするなんてことは許されないし、動物実験をやってもその結果が人間に当てはまるとは限らない。
 
 こうした脳研究の壁を突破するために作られたのが「脳オルガノイド」という、ヒト神経細胞を使った人工的な3次元大脳組織だ。この脳オルガノイドは脳と同じ発達をするために、さまざまな実験をすることができる。

 『Cell Stem Reports』に元京都大学・現米ソーク研究所の坂口秀哉氏らが掲載した研究によれば、発達だけでなく、その神経活動も脳そのままであることが明らかになったそうだ。
【脳機能の基礎は同期された神経活動】

 1949年、カナダの神経心理学者ドナルド・ヘッブは「セルアセンブリ仮説」を提唱。同期された神経活動がさまざまな脳機能の基礎となるものであると説明した。

 それは1992年の研究でより簡潔にこう述べられている。「神経細胞が一緒に発火するならば、互いに結合している」と。

 坂口氏が確認したのは、実験室で一から培養したオルガノイドが神経細胞同士のネットワークを形成し、本物の脳にある神経細胞とまったく同じように同期発火を行なったということだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年7月2日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。