老眼鏡のニューカマー。視線を追跡し、自動的にピントを合わせてくれるスマートグラスが開発される(米研究)

老眼鏡のニューカマー。視線を追跡し、自動的にピントを合わせてくれるスマートグラスが開発される(米研究)

Robert Konrad/Stanford University
 文字が小さすぎて見えなーいっ! っとお怒りの紳士淑女の場合には、大きく見えて、目が疲れず、しかも頑丈なハズキルーペがある。実際に家の母親も買ったくちだが、鄢船のごとく現れた強力なライバル登場かもしれない。

 『Science Advances』(6月28日付)で紹介された米スタンフォード大学で開発中のスマートグラスは、着用者の視線を追って今見ているものに自動でピントを合わせてくれるハイテクメガネだ。
【老眼鏡のデメリット】

 歳をとると、目のピントを合わせる力が弱くなり、近くのものが見えにくくなる。いわゆる老眼と言うやつだ。個人差はあるが40代から始まると言われている。目を細めたり、本やスマホを遠くに離さないと見えなくなる。

 そこで老眼鏡の出番となる。これには多焦点レンズが使われており、近くのものでも、遠くのものでもどちらにもピントを合わせられる。

 ところが、従来の多焦点レンズには周辺のものにピントを合わせられないという大きな欠陥があった。

 たとえば車の運転中に車線変更のためドアミラーに目を向けたとしよう。

 そんなとき、多焦点レンズを着用する運転者の視線は、レンズの一番高いところを通して道路の先へ向けられていた状態から、ほぼ直角に曲げられ、レンズの低いところからドアミラーへ向けられる。

 こうした状況できちんとピントを合わせることが、老眼鏡には苦手なのだ。遠近両用の老眼鏡もあるが、多くの場合レンズの下側が老眼鏡となっており、真横のものを見るのにはなれるのに時間がかかる。
カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月9日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。