黒猫なのにオッドアイ。インスタで人気のキャットアイドル、その名もニウ・ナァイ(牛乳)


 みんな違ってみんなかわいい猫だが、左右の虹彩の色が異なるオッドアイの猫も当然かわいい。

 オッドアイは白猫に特に多いと言われているが、黒猫のオッドアイが中国にいるという。片方が青色、もう片方が金色をした真ん丸のお目目に美しい黒い毛並み、胸元には白いアクセントカラーという美しい配色と豊かな表情がインスタグラムに投稿され、人々の心を射抜きまくっている。

【「牛乳」を意味する名前のニウ・ナァイ】

 こちらが中国在住のクレア・チャンさんのもとで飼われている猫のニウ・ナァイである。中国語でニウ・ナァイは「牛乳」を意味するという。黒々とした毛並みに右目は青色、左目は金色で、2つの宝石のような瞳が美しい黒猫である。

 オッドアイは、白猫に特に多く、いわゆる純血種では、ターキッシュバン、ターキッシュアンゴラ、ジャパニーズボブテイルという3品種に現われやすいそうだ。

 ニウ・ナァイの品種はわからないが、黒猫のオッドアイだ。何とも愛嬌たっぷりのその様子がかわいいんだよ。

1.きょとんと舌を出す姿が何ともキュート
[画像を見る]
2.意外とぽっちゃりボディなのか?貫禄がある座り方を披露しているよ。
[画像を見る]
 猫はもともと「キトン・ブルー」と呼ばれる青い瞳で生まれるが、その後成長するにつれてメラニン色素が定着し瞳の色が変わっていくそうだ。

 しかしニウ・ナァイなどのような先天性のオッドアイの猫の場合、遺伝子の関係で片目のメラニン色素が薄くなるか、全くなくなってしまい左右の瞳が異なるのだそうだ。