これまでで最も精細な人間の脳のスキャン映像。MRIで100時間かけて撮影

これまでで最も精細な人間の脳のスキャン映像。MRIで100時間かけて撮影


 これまで撮影された中で、最も精細な人の脳全体の3Dスキャン映像が公開された。

 これは、0.1ミリよりも小さな物体ですら捉えられる高性能MRIで100時間かけて撮影されたもの。扁桃体のような脳の構造を鮮烈なまでの緻密さで確認することができる。
[動画を見る]
100 MICRON MRI OF THE HUMAN BRAIN - SAGITTAL

【58歳女性の正常な脳】

 脳はウイルス性肺炎で亡くなった58歳の女性から献体された。脳自体は健康で、およそ3年間ほど保存されていた。

 脳は気泡が逃げられるように設計されたウレタン製の特性球状ケースに収められ、「7テスラ(7T)」という強力なMRI装置でほぼ5日間かけてスキャンが実施された。

 強力な7テスラでこれだけの時間をかけて撮影しても、はっきりと画像が写っているということは、その間、振動で震えたりすることなく脳がきちんと保持されていたということだ。

[画像を見る]

【死んだ脳ならではの高画質】

 今のところ、これだけ緻密な画像を生きた人間を使って撮影することはできない。

 生身の人間には100時間もの撮影など耐えられないし、仮に耐えられたとしても、呼吸や鼓動のおかげでわずかでも動けば、画像はブレてしまう。

 それでも今回の撮影のおかげで、7テスラでできることとできないことが少しははっきりしたようだ。

[画像を見る]

【脳のさらなる理解へ向けて】

 2017年、初めて食品医薬品局から臨床での使用許可が下りた強力なMRI装置、7テスラだが、大きな病院では今後使用例が増えていくことだろう。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年7月18日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。