尻尾フリフリが止まらない!ボロボロの状態で路上で保護された子犬が、初めて人間の愛情を知り喜びを全身で表現

尻尾フリフリが止まらない!ボロボロの状態で路上で保護された子犬が、初めて人間の愛情を知り喜びを全身で表現


 行く当てもなく路上をさまよう野良犬たちは、厳しい境遇の中生きのびる強さを身につけても、やはり愛情に飢えた毎日を過ごすのは辛いことだろう。

 今から2年ほど前、アメリカのジョージア州で野良犬だった1匹の子犬が保護された。そして運よく、避難所から仮里親の元へ預けられることになった。

 生きる第2のチャンスを与えられた嬉しさは、子犬の全身を包んだようだ。

 子犬は、絶え間なく尻尾を振り続け、その喜びを全身全霊で表現し、施設スタッフや飼い主候補らの心を揺り動かした。
[動画を見る]

【路上をさまよっていたボロボロの子犬を保護】

 2017年の8月、ジョージア州の路上で、1匹のピットブルの子犬が保護された。まだ生後数か月とみられるその子犬は、辛い生活を過ごしてきたのだろう、皮膚が炎症を起こし、お腹に寄生虫が湧いている状態だった。

 保護された子犬は、Douglas County Animal Shelter(ダグラス郡動物保護施設)へと連れて来られ、マチルダと名付けられた。

【保護施設から、仮里親の元へ。尻尾フルフリが止まらないマチルダ】

 保護施設(避難所)に連れて来られても、なかなか新しい引き取り手が現れず安楽死のリスクを抱えて過ごす多くの犬たちの中で、マチルダは幸運だったようだ。

 施設スタッフは、同州にある里親探しの施設「Pibbles&More Animal Rescue,Inc(ピブルズ&モア動物救済センター)」へとマチルダを移すことになった。目的はもちろん、マチルダに新しい飼い主を見つけるステップとして、仮里親のもとへ預けるためだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年7月17日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。