生まれた時から無毛。無毛ののウサギに手編みのセーターを

生まれた時から無毛。無毛ののウサギに手編みのセーターを


 ミスタービグルスワースは生まれた時から毛のないウサギだった。ブリーダーたちの無理な交配がたたり、遺伝子上の問題で毛が生えないのだ。

 おおくの場合、こういったウサギは体が弱く、およそ4週間以内で死んでしまうという。毛のないミスタービグルスワースは貰い手も決まらず、ブリーダーたちが半ばあきらめて、Facebookに写真を投稿したところ、現在の飼い主カサンドラさんが飼い主に立候補したんだという。
 生まれつき毛の生えないウサギ、ミスタービグルスワースはこうして現在のお宅にやってくることとなった。ミスタービグルスワースには兄弟がいたというが毛が生えないのは彼だけだったという。

 「けして長生きしない」と言われたミスタービグルスワースだが、カサンドラさんがInstagram専用ページを作るや否や、不幸なウサギから一転、みんなに愛されるウサギとなった。世界中から「ビグルスワースに」と手編みのセーターがおくられてくるとのこと。
 
1.
[画像を見る]
2.
[画像を見る]
3.
[画像を見る]
4.
[画像を見る]
5.
[画像を見る]
6.
[画像を見る]
7.
[画像を見る]
8.
[画像を見る]

 兄弟は次々に家族が決まり、自分だけ取り残され、ブリーダーたちには売り物にならないと思われ、「ただであげる」と渡されたミスタービグルスワースだが、カサンドラさん宅ではセーターのおかげだけじゃなく、心身ともにぽかぽかとした暮らしを送っているようだ。同居ウサギもいる賑やかライフを送っているようだよ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年7月21日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。