スマホを使いすぎると、情報の意味を分析したり、理論的に考える能力が一時的に低下する(米研究)

スマホを使いすぎると、情報の意味を分析したり、理論的に考える能力が一時的に低下する(米研究)

Image by Free-Photos from Pixabay
 スマホはとにかく便利だ。通話やメッセージの送受信はもちろん音楽を聴くこともゲームをすることもできる。写真や動画撮影することもできるし、ニュースを見たり、映像を見たり、漫画を読んだり、SNSで繋がったりと、いつまででも見れいられる。だからこそ、その影響が懸念されているのだ。

 『Applied Cognitive Psychology』に掲載された研究によると、スマホを使っていると情報の意味を分析したり、論理的に考えたりする力が低下してしまうそうだ。

 だが幸いなことに、副作用は一時的なものであるらしい。
【長時間のスマホ利用で見られる問題解決能力とリテラシーの低下】

 アメリカ・サザン・ニューハンプシャー大学のピーター・フロスト氏らの研究チームは、3つの研究を行い、スマホが認知機能に与える影響を検証した。

 いずれの研究でも、まず被験者である大学生のスマホに追跡アプリをインストールし、スマホの利用時間が計測された(ちなみに、その結果はじつに1日に5時間半と、起きている時間の3分の1にも達していた!)。

 最初の研究では、大学生105名を対象に横断的調査を実施。ここから大学生のスマホ利用時間と、目先の欲求を我慢する力および社会的問題解決の能力低下とに関連性があることが判明した。

 2つ目の研究では、50名の大学生を2グループに分け、1つのグループにはスマホを1日2時間以上使わないよう指示、もう片方のグループには5時間以上使うよう指示し、この条件で1週間過ごしてもらった。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月25日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。