鳥のヒナは卵の中からお互いにコミュニケーションをとっていることが判明(スペイン研究)

鳥のヒナは卵の中からお互いにコミュニケーションをとっていることが判明(スペイン研究)

kosmos111/iStock
 まだ孵化していない卵の中のヒナたちは、親鳥からの警告だけでなく、同じ巣のきょうだいたちとも卵の中からお互いに情報を伝えあっていることが判明したそうだ。

 胎盤で母親とつながっている哺乳類とは違い、ヒナの場合は母鳥とは切り離されており母体の変化の影響を受けない。

 それでもきちんと孵化前に環境への適応を促す仕組みがあったということだ。ヒナでも胎教ができそうな、そんな新事実だ。
【卵の中のヒナに危険サインを与えると?】

 今回調査の対象となったのは、スペイン、サルボラ島にある野生のカモメの営巣地から集められた、アシセグロカモメ(学名 Larus michahellis)のヒナたちだ。

[画像を見る]
Alvesgaspar/wikimedia commons
 実験では、卵3個をひとまとめにして孵卵器に設置。そのうち2個(常に同じもの)は1日に4回孵卵器から取り出し、防音の箱の中に入れて、そこで捕食者が巣に近づいてきたときに親鳥が発する警戒音を聞かせてみた。

 一方、孵卵器にそのまま残されている卵には、そうした警戒音を一切聞かせない。箱は防音になっているので、警戒音が漏れて聞こえてくるということもない。そのため、危険が迫っていることなど何も知らないままだ。

[画像を見る]
黄色は実験群(実験されるグループ)、青は対照群(なにもしないグループ)を示す。濃い色の卵は、取り除かれて警戒音を聞かされるもの。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年7月26日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら