学習は競争ではない。シンガポールの小学校卒業試験の採点方法の見直しが行われる

学習は競争ではない。シンガポールの小学校卒業試験の採点方法の見直しが行われる

Image by imtmphoto/iStock
 シンガポールでは、小学校6年生になると小学校卒業試験 ( PSLE:Primary School Leaving Examination) が実施され、学力順に進学する中学校が選択される。

 PSLEは進路を決定する重要なものとなっているが、今この採点システムを改革しようとする動きが出ている。

 シンガポールは教育熱心な国として有名だが「試験の結果に過度に依存していては、変わりゆく現代経済が必要とする人材に見合う若者の育成に効果があるとはいえないだろう」と、教育大臣のオン・イェ・コング氏は7月28日に発言した。
【教育システムの抜本的な見直し】

 オン教育大臣は、PSLE(小学校卒業試験 )の採点システムの変更だけでなく、2024年までに行われる中学校での能力別クラス編成の廃止や、大学や技術系専門学校の適正を重視した入学許可の導入など他の変革もあげ、教育システム全体の大幅な改革を照らし合わせて見ていかなくてはならないと発言した。

今、この国の教育システムを大幅に変革する時期なのです。たったひとつの狭い評価ではなく、我々が長年体系的に行ってきた包括的な評価全体によって行われるべきでしょう。現行のシステムのもとで、我々はこの国の子どもたちの未来のためにより良い教育ができるはずです


【2021年より行われるPSLEの採点システムの変更】

 PSLEの採点システムの変更は、2021年に行われる予定だが、これに慣れるために2020年から、新しいPSLEの採点システムによって小学校5年生の生徒の成績を評価するという。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年8月9日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。