無実の罪を着せられ21年間の刑務所暮らしを強いられた男性、ついに自由の身に(アメリカ)

無実の罪を着せられ21年間の刑務所暮らしを強いられた男性、ついに自由の身に(アメリカ)


 世の中には、やってもいない罪を被せられたまま有罪判決を受け、冤罪に苦しむ人が存在する。人生のほとんどを奪われる長く辛い監獄生活を強いられることは、想像を絶する耐え難いことであろう。

 しかし、アメリカのフィラデルフィアに、その地獄の苦しみに21年間耐え続け、晴れて自由の身になった男性がいる。

 彼は、23歳の時に知り合いの嘘の証言で殺人者に仕立てられ、終身刑を言い渡されたのだ。今回、21年ぶりに無実が証明された男性は、「過去は振り返らず、今後の人生を楽しみにしている」と語っている。
【1998年に無実の罪で有罪判決を受けた男性】

 1998年、フィラデルフィアに住むジョン・ミラーさん(41歳)の人生は大きく変わった。

 アンソニー・ミュレンさんという男性が駐車場の係員として仕事をしていた際に、何者かに射殺されたのは1996年10月のこと。その容疑者としてジョンさんが逮捕され、1998年に第2級殺人罪で有罪判決を言い渡されたのである。

[画像を見る]
TPHeinz/pixabay
 しかし、この事件にはジョンさんと犯罪を結びつける物理的証拠はなかった。目撃者だというたった1人の証言により、ジョンさんは人生を奪われる羽目になってしまったのだ。

【知り合いの男が法廷で嘘の証言】

 ジョンさんの逮捕と有罪判決は、ジョンさんの幼少時代の知り合いで、証人となったデイヴィッド・ウィリアムズという男の証言にほぼ完全に基づいていた。

 地元メディアによると、当時デイヴィッドは強盗容疑で逮捕されており、罪に問われていたという。

 デイヴィッドは、ジョンさんをアンソニーさん殺害の犯人にでっちあげれば、自身の刑が軽減されると信じ、虚偽の情報を警察と裁判所で証言して無実のジョンさんに罪を被せた。

【8年の年月をかけて、ジョンさんの無実が証明される】

 後に、デイヴィッドは証言を変え、自分が真犯人であると告白した。更に2002年12月には、ジョンさんの母親に宛てた手紙で、「あなたの息子は無実だ。現場にさえいなかった。私が嘘をついた」と自身の殺人を告白した。

 ところが、その告白は裁判所を説得させるのに十分ではなく、ジョンさんは1988年~2011年にかけて10件以上の控訴を行ったが、全て却下され、冤罪で収監されたままだった。

[画像を見る]
12019/pixabay
 しかし、2011年にペンシルベニア・イノセンス・プロジェクト(PAIP)がジョンさんの件について訴訟を起こすことに同意したことで、ジョンさんはかすかな希望を持つことができた。

 以降、PAIPチームとジョンさんをサポートしていた法律事務所は、8年という長い年月をかけ、3000時間以上を費やし、当時は開示されることがなかった証拠を明らかにするなどして、ジョンさんに自由を取り戻すための闘いを続けた。

 そして今年7月31日、ついにジョンさんは21年ぶりに自由の身となったのだ。


【自由を手にしたジョンさん、「過去を振り返らず、未来に進みたい」】

 人生の半分を刑務所で過ごしたジョンさん。彼は、後のメディアの取材でこのように語っている。

それについては、今はもう不満はありません。過去は振り返らず、むしろこれからの将来を楽しみにしています。

愛する家族のもとへ帰り、姪っ子を動物園へ連れて行ったり、美味しいステーキを食べたり、スマートフォンについても学んだりしたいですね。

21年経って、ようやく自分の無実が証明されたことについては、ただ感無量です。私をサポートし、救ってくださった法律チームのみなさんには感謝の言葉もありません。彼らの力がなければ、私は自由を手に入れることはできなかったでしょう。

 また、代償を求めず善意でジョンさんをサポートしたチーム一同も、ジョンさんの釈放に喜びを露わにした。

彼の弁護をしたことは名誉であり、PAIPとともに闘った8年は喜びとなりました。21年という長い間、ジョンさんが途方もない忍耐で示した強さや決意、意志は尊敬に値するものです。

ジョンさんが自由の身となって刑務所を後にする姿を見られたことは、感動でしかありません。


 なお、フィラデルフィア地方検事局は、デイヴィッドを殺人罪で起訴するか否かについては明らかにしていない。

References:Liftableなど / written by Scarlet / edited by parumo

記事全文はこちら:無実の罪を着せられ21年間の刑務所暮らしを強いられた男性、ついに自由の身に(アメリカ) http://karapaia.com/archives/52277890.html

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年8月16日のびっくり記事
「無実の罪を着せられ21年間の刑務所暮らしを強いられた男性、ついに自由の身に(アメリカ)」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    袴田さんは昼も夜も眠らせてもらえず殴る蹴るの拷問を加えられて精神に異常をきたした。警察、検察、裁判官、全部グル。

    4
  • 匿名さん 通報

    日本の方がひどい。弁護士もつけずに何日でも拘留し、拷問で無実の人に「白状」させる。拷問で殺された人も多い。

    2
  • 匿名さん 通報

    馬鹿弁護士が「冤罪で逮捕されたらすぐに弁護士に連絡しましょう」とか言ってるが携帯もスマホも警察に取り上げられてどうやって連絡するんだよ阿呆。

    1
  • 匿名さん 通報

    神奈川県警に恐喝被害を訴えたら「そうか、もう一回カネを要求されたら来てくれ」と言われて被害届は受理されなかった。警察官は仕事をしなくても給料は貰えるからな。

    1
  • 通報

    これがアメリカさ、黒人であることが罪になる。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。