生命が存在可能なスーパーアース「グリーゼ357d」が発見される(国際研究)

生命が存在可能なスーパーアース「グリーゼ357d」が発見される(国際研究)

Credit: Jack Madden/Cornell University
 天文学者の国際的研究チームによって、居住可能な惑星が発見されたそうだ。

 その惑星は地球から31光年離れたところにあるスーパーアース「グリーゼ357d」という。

 2019年初めにNASAのトランジット系外惑星探索衛星(TESS)によって観測された内容が、『Astronomy & Astrophysics』(7月31日付)で発表された。

 「人類史上初となる生命を宿せるかもしれないスーパーアースです」と研究チームの一員である米コーネル大学の天文学者リサ・カルテネッガー氏はコメントする。

 グリーゼ357dは地球よりも大きい。厚い大気があれば、地球のように地表に液体の水を湛えている可能性もあるようだ。そして、もしかしたら近いうちに生命のサインすら発見できるかもしれない。
【太陽の3分の1の大きさの赤色矮星「グリーゼ357」】

 その惑星が公転する「グリーゼ357(GJ 357)」は、地球から31光年先と天文学的には比較的近くにある。それはスペクトル分類2.5V型の赤色矮星で、大きさは太陽の3分の1程度しかない。

 今年2月にTESSによって、その周囲を3つの惑星が公転していることが確認され、それぞれ「グリーゼ357b(GJ 357b)」「グリーゼ357c(GJ 357c)」「グリーゼ357d(GJ 357d)」と命名された。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年8月11日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。