大雨で溺れていた子猫。清掃作業をしていた男性に人工呼吸で救われる。更なるハッピーエンド!(猫の国トルコ)

大雨で溺れていた子猫。清掃作業をしていた男性に人工呼吸で救われる。更なるハッピーエンド!(猫の国トルコ)


 先日、大雨に見舞われたトルコで溺れた子猫の命が救われる出来事があった。

 水びたしのイスタンブールで清掃作業をしていた男性が、雨水に流されている小さな野良猫を発見。すぐにつかまえてみたものの子猫はピクリともしなかった。

 そこで男性は一か八かの人工呼吸を開始。小さな口に息を吹き込み、どうにか子猫を蘇生させたのだ。消防隊員が人工呼吸で動物を救ったというニュースは効いたことがあるが、この男性は一般の人である。

 生死の境をさまよう子猫をどうしても見過ごせなかった男性。その愛情あふれる救助が人々の心を震わせている。

【水に流され動かない子猫を抱き上げ、心肺蘇生を始めた男性】

 今年6月トルコのイスタンブールで清掃にあたっていた市職員のメティン・ケスキンさんが、ぐったりしたまま水に流されている子猫に気づいた。

 彼はその子猫をすぐにつかまえて容態を確認したが、ずぶ濡れのまま何の反応もなく気を失っているようだった。

 しかし彼はあきらめなかった。今ならまだ間に合うかもしれない。と子猫の心肺蘇生を試みたのだ。

【息を吹き返した子猫に見守る人も大歓喜!】

 ケスキンさんは町の人に見守られながら
 小さな猫の口に息を吹き込み、自発呼吸をうながした。

[画像を見る]

 心配していた人々も息を吹き返した子猫を見て大喜び!

 その後ケスキンさんは親切な人からアドバイスを受けつつ、子猫の肺から水を出すマッサージなどを施したのち、大急ぎで動物病院に向かった。

 診察にあたった医師によると、子猫は低体温症になっていたが、すぐに治療を受けたおかげですっかり回復したという。

【退院した子猫はケスキンさんの家族に!】

 しかも彼らの縁はこれで終わりではなかった。なんと元気になった子猫は命の恩人であるケスキンさんの家族に迎えられたのだ。

[画像を見る]

 今回の見事な救助についてインタビューを受けたケスキンさんはこうコメントしている。
 
 「彼女は私たちの猫になりました。私はとても幸せです」

 このニュースはトルコ国内のみならず海外メディアでも報じられ、動物に優しいトルコならではの素晴らしいエピソードとして反響を呼んでいる。

References: dailysabahなど /written by D/ edited by parumo

記事全文はこちら:大雨で溺れていた子猫。清掃作業をしていた男性に人工呼吸で救われる。更なるハッピーエンド!(猫の国トルコ) http://karapaia.com/archives/52277999.html

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年8月10日のびっくり記事
「大雨で溺れていた子猫。清掃作業をしていた男性に人工呼吸で救われる。更なるハッピーエンド!(猫の国トルコ)」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    メティン・ケスキンさんありがとう!!このご恩は決して忘れないにゃ!!

    3
  • 匿名さん 通報

    トルコって素晴らしい国なのですね! 感動しました。 日本も同じ様に瀕死の状態になってる猫や犬を 見て見ぬふりするのではなく手をさしのべてくれる人が増えてほしいと常々思ってます。

    2
  • 匿名さん 通報

    この動画を最後まで観ていて泣きそうになった!トルコの人はなんて優しいんだと!しかも一般人!相手がにゃんこでも躊躇なく行動する!頭が下がりますね!

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。