戦場にいる兵士のために空から届けられた特別仕様の戦場ピアノ(アメリカ)

戦場にいる兵士のために空から届けられた特別仕様の戦場ピアノ(アメリカ)


 「ピアノ売ってちょーだい!」と言えば、みんなまあるくタケモトピアノだが、1940年代、「空からピアノが降って来る」という、まるでフィクションの世界の中のような出来事が実際に起きていたようだ。

 第二次世界大戦中、アメリカ政府は兵器として使用できる材料で、それ以外のものを製造しないよう通達を出していた。楽器メーカーも例外ではない。

 彼らは細々と工場で楽器の代わりに武器の部品を作っていたが、兵士の心の健康を保つため、音楽を奏でる為のピアノの製造が許可された。

 そのピアノはパラシュートで空から戦地へと届けられるため、頑丈な特別仕様となっていた。これが空から降ってくる戦場ピアノである。
【大戦中、楽器が作れず武器を作っていた楽器メーカー】

 第二次大戦中、鉄、銅、真鍮などの金属を使ったあらゆる製品は、戦争に不可欠なものでない限り、米政府によって製造が中止された。こうした金属は極力、銃や戦車、大砲を作るために回されたからだ。

 多くの楽器メーカーが、この新たな規制の影響を受けた。軍が使えるなにかほかのものを作るか、戦争が終わるのを待つしかなかったが、それは廃業に等しい一大事だった。

 ヨーロッパでの戦争が勃発した当時、創業90年だったアメリカの大手ピアノメーカー、スタインウェイ&サンズも、この規制の影響を受けた。

 スタインウェイは、工場を閉鎖する代わりに、棺や部隊の移動用グライダーの部品を製造しながら、次のチャンスを待とうと決めた。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「戦場にいる兵士のために空から届けられた特別仕様の戦場ピアノ(アメリカ)」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    日本軍にそんな余裕はありません…

    0
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月5日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。