エクササイズ用の振動マシンに免疫細胞や腸内細菌の構成を健全化する効果が確認される(米研究)

エクササイズ用の振動マシンに免疫細胞や腸内細菌の構成を健全化する効果が確認される(米研究)


 楽して痩せたい。太りやすい体質の人に共通する望みである。その望みをかなえてくれるという夢のような器具の1つに振動マシンがある。

 「ただ乗るだけで脂肪燃焼効果が!」の売り文句に踊らされ、実は私の家にも1台、なんとかエアのスーパーブレードが鎮座しているわけで、とりあえず1日15分は乗るようにしている。気休めでもいい。プラセボでもいい。楽してお肉とさよならしたいのだ。

 全く効果がないわけではないようで、あくまでもマウス実験だが、実際に運動するのと似たような効果が得られることが確認されているという。

 とは言え、振動が体に与える影響については、まだわからないことが多いのも事実である。

 今回新たに行われたマウス実験では、“全身ぶるぶる”には免疫細胞や腸内細菌の構成を健全化するというまた別の健康効果が確認されたという。
【マウスに全身振動を加えるとマクロファージの分布と構成に変化】

 米オーガスタ大学の小児形成外科医であるジャック・ユー氏らは、肥満・インスリン耐性・2型糖尿病といった症状を防ぐタンパク質がない(レプチン欠損)マウスに1日あたり20分間、全身振動を加えるという実験を4週間行なった。

 すると、全身振動によってマクロファージの分布と構成に変化が生じていることが判明した。

 白血球の一種で、死んだ細胞や体内に侵入した細菌などを食べてくれるマクロファージは、表現型と機能に基づき2種類に分類される。ひとつは炎症を引き起こすM1で、もうひとつは炎症を抑えるM2だ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月27日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。