「お酒の席だから」は失敗の言い訳にならない。酔っ払っても善悪の判断基準は変わらないという研究結果が発表される

「お酒の席だから」は失敗の言い訳にならない。酔っ払っても善悪の判断基準は変わらないという研究結果が発表される


 朝、目が覚めるとどうにも頭がガンガンして、気持ちが悪い。どうやら昨日は飲み過ぎたようだ。

 しばらくぼうっといていると、突然昨晩の出来事が思い出されて、愕然とする。
 
 やっちまった!お酒の勢いに任せて、あんなことやこんなことをしでかしてしまったと後悔しても時すでに遅し・・・そんな経験のある人は少なくないだろう。

 アルコールは人の自制心を弱めてしまう。普段なら絶対言わないことを言ったり、やらないことをやったりと、お酒で失敗するのはそのせいだ。
【鎮静作用のあるアルコールも度が過ぎれば反社会的行動の原因に】

 アルコールには気分を落ち着けてくれる鎮静作用がある。少々プレッシャーがきついような事態に直面しても、お酒の勢いを借りればどうにか突破できるかもしれない。

 だが、それも度が過ぎればまずいことになる。口論や喧嘩の多くは飲み過ぎが引き金になったものだ。実際、アルコールと反社会的行動との関係について記した文献はいくつもある。

 科学者は、こうした飲み過ぎによる不適切な行動は、アルコールのせいで社会的な状況を間違って認識したり、共感能力が弱まってしまうために生じるものだと考えている。

 つまるところ、ろれつが怪しくなってきたならば、他人の気持ちを理解する力もまた怪しくなっているということだ。

[画像を見る]

【お酒を飲み過ぎても道徳観や善悪の判断まで変わるとは限らない】

 誰かがお酒のせいで失敗してしまったとき、お酒の席だから仕方がないと大目に見られることが多いのではないだろうか。もちろん、自分がお酒で失敗しても、少々飲み過ぎたで終わりだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月31日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。