SF世界が現実になった感がすごい。実験室で培養した「ミニ脳」から脳波が検出される(米研究)

SF世界が現実になった感がすごい。実験室で培養した「ミニ脳」から脳波が検出される(米研究)


 実験室で培養した脳組織から史上初めて、自然発生的な電気活動が確認された。それは、早産で生まれた赤ちゃんの脳活動に驚くほど似ていたのだそうだ。

 培養した脳組織が動き出すとか、まさにSFの世界が現実になった感じだ。

 今回の研究が初めて発表されたのは2018年11月のこと。そして、このほどきちんと査読された論文という形で『Cell Stem Cell』(8月29日付)に掲載された。

 米カリフォルニア大学サンディエゴ校の神経学者アリソン・ムオトリ氏によると、確認された神経活動のレベルはインビトロ(体外の)のものとしては前代未聞で、初期段階の高度神経ネットワークを実際に生じさせるモデルに一歩近づいたという。
【ヒト多能性幹細胞を10ヶ月以上培養して作った脳オルガノイド】

 人工的に培養された脳や臓器を「オルガノイド」という。それは臓器の3D簡易ミニチュアで、薬剤への反応や特定条件での細胞の発達といったものを調べる研究に使われる。

 件の脳オルガノイドは、ヒト多能性幹細胞から成長した。これはどんな細胞にもなれるいわば白紙の細胞で、ムオトリ氏はここから大脳皮質を発達させた。記憶、知覚、認知、思考、感覚処理にきわめて重要な役割を担う部位だ。

 小さな脳を10ヶ月以上にわたり培地の中で成長させ、この間、脳の発達に必要な遺伝子が発現していることを確認するためにテストを実施。また脳波の計測もされていた。

[画像を見る]

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年9月3日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。