アパートの窓に訪れるカラスをかわいがっていたら、お礼にキラキラのプレゼントを運んでくるようになった(アメリカ)

アパートの窓に訪れるカラスをかわいがっていたら、お礼にキラキラのプレゼントを運んでくるようになった(アメリカ)

connie_sf /pixabay
 カラスは、知性に溢れ高度な社会性を持つだけでなく、情に厚い生き物である。これまでにも、恩返しにとギフトを届けてくれるようになったカラスの話をお伝えしてきたが、今回もアメリカから人間とカラスの素敵な触れ合いニュースを紹介しよう。

 都会のアパートに暮らす女性が、部屋の窓のフェンスに訪れる野生のカラスを追い払うことなく、そこで餌を与えるようになって約3年。カラスはその間に家族を作り、今では2組のカラスの家族が女性のもとへおやつを求めてやってくるようになった。

 するとある日、カラスは女性にプレゼントを運んできた。それからもたびたび光物のプレゼントを運び続けるようになったという。

 女性とカラスの間には特別な友情が芽生えたようだ。
[動画を見る]
Why crows are leaving gifts for a woman in San Francisco

【都会で野生のカラスとの触れ合いを楽しむ女性】

 今から3年ほど前のこと。カリフォルニア州サンフランシスコマリーナ区にあるアパートに住むメリンダ・グリーンさんは、コンピュータ・プログラマーとしての職をリタイアし、1日のほとんどをアパートの部屋で過ごしていた。

[画像を見る]

 ある日、部屋の窓辺のフェンスの上に数羽のカラスがいることに気付いた。メリンダさんは邪険に追い払うよりも快く迎えてあげようと思い、餌を置いてみたところ、カラスたちはそれを食べるようになった。

[画像を見る]

 都会のど真ん中といっていい場所に住むと、野生動物との関わりは当然少なくなる。メリンダさんは、毎日部屋のブラインドを上げるたびに野生のカラスが餌を求めて訪問してくるようになったことを嬉しく感じ、そのひとときを楽しんでいた。



【カラスが様々なギフトを届けてくれるように】

 そんなある日、1羽のカラスが口に何かをくわえて飛んできた。メリンダさんの手の届くところに置かれたものを見てみると、くしゃくしゃになったシャンパンボトルの上部に被せてあるアルミ箔だった。

[画像を見る]

 明らかにゴミとして捨てられたそれは、カラスにとっては“キラキラ輝く宝物”に見えたのだろう。カラスは光物が大好きで、それを大切に集める習性がある。

 彼らにとっての宝物を、カラスはいつも餌をくれるメリンダさんにプレゼントしようと思ったのだろう。

 もちろん、メリンダさんはそのプレゼントを喜んで受け取った。

 最初こそ、「これは、プレゼントなのだろうか」と疑問に思ったメリンダさんだったが、カラスはそれからもまるでお礼のように、カラフルな岩や何かの骨、殻がついた実、クマの形をしたグミなど、彼らにとっての宝物をメリンダさんに運んでくるようになった。

 そして最近のギフトは、なんともミステリアスなものだった。

[画像を見る]

 おそらく、壊れた機械の一部か何かだろう。しかしどこかアート的品質のある物で、メリンダさんはとても気にいって、他のギフトと一緒に大切に自宅の棚に飾っている。

【3年の間に、カラスとの間に友情が芽生える】

 この3年の間に、メリンダさんとカラスたちの間には友情が生まれた。

 メリンダさんは、「カァー、カァー」とカラスの鳴き真似が上手にできるようになり、それを聞きつけたカラスたちは、メリンダさんのもとへと飛んでくる。


 窓辺を通して、思っていたよりもずっとカラスのことを知るようになったメリンダさんは、カラスとの触れ合いを次のように語っている。

[画像を見る]

カラスは、人間の家族に似ていると思います。成長したカラスは、長期的な関係を持ち、核家族で一度に1~2羽の子供を産み育てるようです。

私は家族を持つようになったカラスが子供を連れてここにやってくる姿を見ていますが、親は明らかに積極的に子供に教えていますよ。フレンドリーな人間がどこに住んでいて、どうやっておやつをもらうのかということをね。

カラスとの経験は、私にカラスの特徴を認識して尊重することを教えてくれました。カラスがプレゼントをくれたという事実だけでもとても貴重なことですが、この触れ合いの経験自体が素晴らしいプレゼントだといえるでしょう。私にとって、カラスは友達です。


References:abc7newsなど / written by Scarlet / edited by parumo

記事全文はこちら:アパートの窓に訪れるカラスをかわいがっていたら、お礼にキラキラのプレゼントを運んでくるようになった(アメリカ) http://karapaia.com/archives/52282185.html

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年9月8日のびっくり記事
「アパートの窓に訪れるカラスをかわいがっていたら、お礼にキラキラのプレゼントを運んでくるようになった(アメリカ)」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    地域猫にご飯をあげていて、カラスともお友達になれました。カラスは石を投げるクソガキと、そうでない人の顔ははっきり見分けています。可愛いよ。

    0
  • 匿名さん 通報

    にんげんが子ガラスを捉えてカゴに入れておいたら、その家の屋根で一晩中親ガラスが鳴いていたそうだ。むごいことをするものだ、と小林一茶が書いている。

    0
  • 匿名さん 通報

    羨ましい!

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。