植物怖いシリーズ。食べるな危険!油断するとひどい目に遭う10の猛毒植物

 しかし、まだ赤みを帯びていない、20センチにも満たない白い若いものなら、柔らかくなるまで煮て(少なくとも2度は水を変えること)から食べることもできる。味はアスパラガスにも似て美味だ。

 19世紀のアメリカでは、関節炎の治療に使うチンキ剤に使われていたことがあり、大勢のアメリカ人が命を落とした。

【10. ジギタリス(Digitalis)】

[画像を見る]

 「キツネノテブクロ(狐の手袋)」という可愛らしい和名にもかかわらず、西洋では不吉なイメージがあるらしく、「死者の鐘」「魔女の指抜き」「血のついた男の指」といった呼ばれ方をする。

 地中海沿岸を中心に、中央アジア、北アフリカ、ヨーロッパに20種ほどが分布。一般に花は紫色だが、黄色、ピンク、白のものもある。

 美しく、丈夫であることから観賞用に人気だが、全体に強い毒性があり、少しでも口にしようものなら命取りになるので注意が必要だ。

 強力なステロイドを含んでおり、強心剤などとして使われていたこともある。しかし服用量を誤れば、死が待ち受けている。

 しかも厄介なことに、薬効を得るために必要な容量と致死量がきわめて近い。

 うっかり食べてしまえば、吐気・嘔吐、めまい・頭痛、下痢といった症状が現れ、致死量であれば、痙攣や心停止に至る。

References:Field and streamなど / written by hiroching / edited by usagi

記事全文はこちら:植物怖いシリーズ。食べるな危険!油断するとひどい目に遭う10の猛毒植物 http://karapaia.com/archives/52282203.html

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年9月11日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら