安楽死寸前で男性に救助された犬、全身全霊で感謝の気持ちを表現(アメリカ)

安楽死寸前で男性に救助された犬、全身全霊で感謝の気持ちを表現(アメリカ)


 アメリカには、各州に“シェルター”と呼ばれる多くの動物保護施設が存在するが、地域によっては既に満員の状態で、病気だったりすぐに新しい飼い主が見つからなかったりした場合、預けられた犬猫たちには安楽死処分が待っている。

 そんな悲しい現実から少しでも多くの犬猫たちを助けようと、救助の手を差し伸べる非営利の保護団体が存在する。

 去年4月に、オハイオ州のシェルターに運ばれて来た1匹のビーグル犬も、病気を患い、安楽死処分が決定していた。

 しかし、すんでのところで1組の夫婦に命を救われた。犬は、自分がもう安全であることを悟ったのだろう。救助してくれた男性に、感謝と喜びのジェスチャーを繰り返した。
【2歳のビーグル犬がシェルターで安楽死処分予定に】

 2018年4月25日、野良犬だった2歳のビーグル犬グレゴリーは、オハイオ州のフランクリン郡動物保護施設に連れて来られた。

 最初、施設スタッフはグレゴリーの健康状態が問題ないように見えたが、後日検査をしてみるとフィラリアの陽性反応が出たため、安楽死処分にすることを決めた。

 その頃、同州フィンリーにある非営利団体「HOUND Rescue and Sanctuary」を運営するシェンリー&ジョー・カークさん夫妻は、いつものように定期的に周辺地域の保護施設をチェックしていて、グレゴリーの安楽死処分のことを知った。

 夫妻は、安楽死処分寸前の犬を施設から引き取り、飼育放棄された犬には新しい飼い主を見つけ、また引き取り手がない犬や高齢の犬、野良犬たちには、自分たちの施設で最期まで面倒をみていた。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年9月15日のびっくり記事
「安楽死寸前で男性に救助された犬、全身全霊で感謝の気持ちを表現(アメリカ)」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    動物保護活動は自腹でみんな破産寸前です。それなのに「引き取らないなら保健所で殺してもらう」と脅す外道がいる。

    1
  • 匿名さん 通報

    ブリーダーが無闇に繁殖させて増やさないのも大事だと思う。素人でもつがいの犬猫いて、広報誌に載せれば一匹3万から格安で売られるんだもの

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら