シマウマなのにシマ模様じゃない!?黒地に白のドット柄のシマウマが発見される(アフリカ)

       
シマウマなのにシマ模様じゃない!?黒地に白のドット柄のシマウマが発見される(アフリカ)


 アフリカのケニア南西部、タンザニアとの国境沿いにあるマサイマラ国立野生保護区のキャンプ場で、変わったサバンナシマウマの子供が発見された。

 生後間もないシマウマの子供は、通常のシマウマのシマ模様ではなく、全体が黒っぽく、小さな白の斑点と部分的に細いシマ模様が見られ、発見者らを驚かせたが、専門家によるとメラニン異常の突然変異によるものだそうだ。

 現在、この保護区には希少なシマウマの子供を見ようと、観光客が殺到しているという。
[動画を見る]
Weird look baby Zebra

【黒地に白の水玉模様はメラニン異常の突然変異】

 9月19日、ケニアのマサイマラ国立野生保護区「マティラ・ブッシュ・キャンプ(Matira Bush Camp)」場にて、ガイド兼写真家として働くマサイ族のアントニー・ティラさんは、一頭のシマウマの子供に目を留めた。

[動画を見る]

 それは、明らかに他のシマウマのシマ模様とは異なる姿をしており、最初ティラさんは「何者かが、このシマウマを捕えてどこかへ移動させるためにマークしたのでは」と思ったという。

 しかし、近付いて目を凝らして見ると、生後1週間前後とみられるそのシマウマの子供は、首と胸のあたりに白の小さな水玉があり、背中は完全に黒く、シマ模様は脚の部分に細くあるのみで、濃いメラニン色素が蓄積することにより引き起こされる遺伝子の突然変異で生まれたようだった。

[画像を見る]
カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「シマウマなのにシマ模様じゃない!?黒地に白のドット柄のシマウマが発見される(アフリカ)」の みんなの反応 1
  • ATD 通報

    デジタル化したみたい。

    0
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月26日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。