猫も犬同様、あるいはそれ以上に飼い主に強い愛着を持ち、深い絆でつながっていることが新たなる研究で明らかに(米研究)

 なお成猫は一度しかテストを受けなかったが、子猫の場合は最初のテストの後に、6週間の社会化訓練を受けてもらい、再度テストが行われている。

 ここから社会化訓練と愛着のタイプには関係がなく、ひとたび愛着のタイプが出来上がると、おそらくはその後もそう滅多に変わることはないらしいことが明らかになっている。

[画像を見る]
Image by Oregon State University
【猫の愛情表現に飼い主が気づくかどうかがポイント】

 以前、ヴィターレ氏の研究によって、一般的なイメージほどネコは人に無関心なわけではないことが明らかにされていた。

 実際のところ、手荒な扱いをされない限り、ネコは紛れもなく社交的で、深い愛情を感じることができる。食べ物やおもちゃよりも人間と遊ぶことを好むネコも多い。また、飼い主が別の対象をかわいがると、やきもちだって焼く。

 今回の研究でも、ネコには人間と固い絆を育むために必要な能力と特性が備わっていることが示唆されている。

 ただ人間には少々わかりにくい形でしかそれを表現しないだけということらしい。

 猫は個体差が大きいので、わかりやすく常に甘えてくる子もいれば、そうじゃない子もいる。いつもはつんつん、そっけない態度に見えるが、気が付くと一定の距離を保ちつついつも視界に入る場所にいる。寝ている間はぴったりとそばに寄り添っている。それは飼い主に強い愛着を示している証拠なのだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年9月27日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。