野良の子猫を路上で発見した女性、自宅に連れ帰った後、ボブキャットであることが判明(アメリカ)

野良の子猫を路上で発見した女性、自宅に連れ帰った後、ボブキャットであることが判明(アメリカ)


 アメリカを含むカナダ南部からメキシコ北東部にかけての森林・草原・半砂漠地帯に生息することで知られるオオヤマネコ属のボブキャットは、時に野良猫や飼い猫と間違えられて保護されることがあるようだ。

 先日テネシー州でも、その勘違いが起こった。混雑した路上を横切っていたボブキャットの子供を、野良猫の子供だと思ってしまった女性が保護し、自宅へ連れ帰ったのだ。

 のちにその子猫はボブキャットかもしれないと近所の人に告げられた女性は、保護施設へ連絡した。やはり子猫はボブキャットでだった。現在、ボブキャットの子猫は施設で安全に世話をされているという。
[動画を見る]
Kitten or Bobcat?

【路上で野良と思わしき子猫を保護した女性】

 テネシー州南東部チャタヌーガで、9月20日の夜、車の往来が激しい道路を運転していたジル・ヒックスさんは、小さな生き物が道路を横切ったのを目撃した。

 遠目に見て、小さなウサギかと思ったジルさんが目を凝らして見ると、どうやら子猫のようだったため、車を路肩に停めて降り、そっと子猫に近付いた。

 子猫は、ジルさんを見ても怯えて逃げる様子を見せず、ジルさんが抱えあげて車に乗せると、まるで飼い猫のように膝の上に乗ってなついてきたという。

 自宅で大型犬と老猫を飼っているジルさんは、本来が大の動物好きで、連れ帰った野良猫らしき子猫が飼っているペットに怯えないようにと、車庫に箱を持ち込み、柔らかいセーターを敷いて、キャットフードと水を与えた。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「野良の子猫を路上で発見した女性、自宅に連れ帰った後、ボブキャットであることが判明(アメリカ)」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    今では防御的になり人間に対して不信感を露わに」←施設側の人間が敵対的な姿勢を見せたのだろうよ。

    0
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月11日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。