一夜のうちに出現したバンクシーのディストピア風ショールーム。その目的は?(イギリス)

一夜のうちに出現したバンクシーのディストピア風ショールーム。その目的は?(イギリス)


 世界各地でゲリラ的活動をしている覆面アーティストのバンクシーは、風刺的でユニークな作品を手掛けるアーティストとして有名だ。

 今年5月には、イタリアで開催された国際美術展に招待されなかったことを皮肉った作品を動画で公開し、話題になった。

 また、去年10月には彼の代表作「Girl with Balloon(少女と風船)がサザビーズのオークションで落札された直後、額に仕掛けてあったシュレッダーによって半分裁断されてしまうというショッキングな事態が発生し、こちらも世界的ニュースとして伝えられた。

 次から次へと突拍子もなく、新たなレベルにチャレンジし続けるバンクシー。今回は、イギリスのロンドン南部で「ディストピア風ショールーム」をオープンしたことで、早くも話題になっている。

 一晩のうちに築かれたバンクシーのショールームは、本人のインスタアカウントでも紹介されているが、単なる風刺的アートのディスプレイではなく、どうやらバンクシー自身の商標権を守るためにオープンしたようだ。
[動画を見る]
GrossDomesticProduct™ - Banksy Installation

【期間限定でバンクシーのディストピア風ショールームがオープン】

 ロンドン南部クロイドンのサリー通りに、突如バンクシーのショールームが出現した。

 オープン期間が10月1日から2週間のみというこのショールームは、廃業した店舗スペースに設置されており、巨大なガラス窓を通してのみ作品を見ることが可能で、実際に中に入ることはできない。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月4日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。