人間をやさしく抱きしめることができる。皮膚感覚を持つロボットが開発される(ドイツ研究)

人間をやさしく抱きしめることができる。皮膚感覚を持つロボットが開発される(ドイツ研究)


 ロボット技術は日進月歩で進化している。高度な人工知能(AI)が頭脳の役割を果たし、自立して動くことができるようになった。そして今回、新たに皮膚感覚を持たせることに成功したようだ。

 ドイツ、ミュンヘン工科大学の研究グループが開発したのは、人間の皮膚からインスピレーションを受けた人工皮膚と制御アルゴリズムを組み合わせたシステムだ。

 これを利用し、全身に1万3000個ものセンサーを備えたロボットは、自分自身の体やまわりにあるものを感じとることができる。

 そして、人間を優しく抱きしめることができるのだ。
[動画を見る]
Sensitive Skin for Robots

【コンピューターの処理能力問題を克服した人工皮膚】

 ゴードン・チャン教授らが開発した人工皮膚は、コインくらいの大きさをした六角形のセルで構成されている。各セルには、マイクロプロセッサーとセンサーが搭載されており、触覚・加速・近接・温度を検出できる。

 ロボットの皮膚を開発する上で最大の障害とされてきたのが、コンピューターの処理能力だ。

 人間の皮膚には500万もの受容体が備わっており、これをそののまま機械で再現しようとすると、あっという間にコンピューターの計算能力が追いつかなくなってしまう。

 わずか数百のセンサーから送られてくる情報でさえ、すぐに処理能力の限界を超えてしまうのだ。
 
 チェン教授らはこの問題を克服するために、セルを逐一モニターするのではなく、事象ごとに把握するというやり方に切り替えた。こうすることで、処理の負荷は最大90パーセントも軽くなった。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年10月22日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら