楽しいと感じる音楽には予測性と意外なサプライズがあることが判明(イギリス・カナダ共同研究)

楽しいと感じる音楽には予測性と意外なサプライズがあることが判明(イギリス・カナダ共同研究)

Image by Gerd Altmann from Pixabay
 かのチャールズ・ダーウィンは音楽が人類にとって重要なものであることを理解していた。

 だがダーウィンといえども、食事や友達付き合いのように明確な適応上のメリットがないはずの音楽が、なぜかくも心地よい感覚を与えるのかまではわからなかった。

 『Journal of Neuroscience』(10月21日付)に掲載された研究では、その答えが述べられている。

 それによると、楽しい音楽とは「中程度の複雑さ」があるもの――つまり、意外な展開と予測できる展開のバランスが取れた楽曲なのだそうだ。
【学習意欲とドーパミンの関係】

 イギリス、ロンドン大学クイーン・メアリーとカナダ、マギル大学の研究グループは、音楽が楽しいのは、人間の脳に本能的に備わっている学習意欲を刺激してくれるからだと論じている。

 学習プロセスには、正しく予測できたものを確認し、正しくなかった予測を修正するという作業が含まれる。そして、そのようにして学習を進めるプロセスの中で、脳は脳内麻薬ドーパミンを放出し、学習意欲を奮い立たさせる。

 楽しい音楽には「中程度の予測性」があり、そのために脳は注意を引きつけられ、好奇心をくすぐられる。

 音楽のメロディやリズムはかなり予測できるだろう。すると脳はご褒美にドーパミンを放出していい気分にさせる。人間は物事を正しく行えたときに報酬が与えられるよう進化しているからだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年11月5日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。