古代エジプトの猫のミイラの中身をCTスキャン、3匹の猫の体の部位が入っていたことが判明(フランス研究)

古代エジプトの猫のミイラの中身をCTスキャン、3匹の猫の体の部位が入っていたことが判明(フランス研究)

image by:Museum of Fine Arts of Rennes
 フランス、レンヌ美術館に所蔵されている2500年前の古代の猫のミイラをCTスキャンしたところ、中に入っていたのは1匹だけではないことがわかった。3匹分の猫の体の部位が出てきたのだ。

 ミイラの頭の部分に猫の頭はなく、代わりに丸めた織物が詰められており、頭蓋、椎骨、肋骨などもなく、その代わりに3匹分の猫の後ろ脚の骨が5本収められていたことがわかった。
【2500年前の猫のミイラをCTスキャン】

 古代エジプトで猫のミイラは珍しいことではない。これまでにも何十体もの猫のミイラが埋葬地から見つかっている。古代エジプトでは、ペットが飼い主と一緒に埋葬されるのは普通だった。

 神への供え物として動物を永久に保存したいと願う気持ちから、動物のミイラを作る仕事が産業として確立され、7000万体以上が作られたという。

 最近、フランス国立予防考古学研究所(INRAP)の研究グループは、フランス、レンヌ美術館に所蔵されている2500年前の古代エジプトの猫のミイラを分析した。

 ミイラを巻いている布をほどくことなく中身を知るために、そのままCTスキャンにかけて3次元デジタル画像を作成し、透明な3Dプリントを再構成した。

[動画を見る]
Video: Incredible digital introspection shows ancient mummified cat

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年11月8日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。