世界初の完全な陰茎・陰嚢移植から1年が経過。男性のいちもつがきちんと機能していることを確認(アメリカ)

世界初の完全な陰茎・陰嚢移植から1年が経過。男性のいちもつがきちんと機能していることを確認(アメリカ)

Image by Creative-Family/iStock
 世界初の完全な陰茎・陰嚢移植手術から1年、患者は順調に回復し、完全にその機能を取り戻したと感じられるようになったそうだ。

 2010年にアフガニスタンに派遣されたアメリカ人兵士は地雷により下半身を激しく損傷、ジョンズ・ホプキンズ病院の移植手術スペシャリストが入念な準備期間を経て2018年、世界初の完全な陰茎・陰嚢移植が行われた。
【アフガニスタンの戦地にて男性器を損傷したアメリカ人兵士】

 この男性患者は、アメリカ兵士としてアフガニスタンに赴任し、パトロール中にタリバンの奇襲を受けた。負傷をした仲間に応急措置を施そうと近寄った瞬間、道路に設置されていた地雷を踏みつけてしまい下半身に大怪我を負った。

 突然の爆発によって両足のほとんどを失ったほか、損傷は腹部の一部や男性器にまでおよんだという。2010年のことだ。

[画像を見る]
Image by gorodenkoff/iStock
 当時、男性器移植の実例は2006年に中国で行われた1例しかなかった。

 しかもその患者は合併症に苦しみ、移植した部分も血流不足で壊死の兆候が見られるようになった挙句、妻からも拒否される羽目になり、結局2週間後に移植した男性器を再度切除。手術は失敗に終わっていた。

【難しい手術に挑んだアメリカの移植手術スペシャリストたち】

 そんな困難かつリスキーな手術に挑んだのが、ジョンズ・ホプキンズ病院に所属する移植手術のスペシャリストたちだった。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月13日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。