行方不明になった猫、5年後に2000km離れた場所で発見(アメリカ)

行方不明になった猫、5年後に2000km離れた場所で発見(アメリカ)


 行方不明になった猫と飼い主が、何年もの月日を経て奇跡の再会を果たしたというニュースが報道される度、他人事とは思えずに、ほっと胸を撫でおろす猫飼いの人も多いだろう。

 今回発見された猫は、アメリカ・オレゴン州で行方不明となってから5年後、およそ2000kmも離れたニューメキシコ州で発見・保護された。

 2000kmがどれほどの距離かというと、直線距離で言えば、北海道函館市から鹿児島県徳之島よりちょっと遠く、沖縄県名護市(2053.2km)よりもちょっと近いくらいだ。

 この猫はマイクロチップ情報のおかげで、無事に飼い主と再会できたのだ。
[動画を見る]
Lost Portland cat turns up in New Mexico

【飼い猫、夜外出したまま戻らず】

 オレゴン州ポートランドに住むヴィクター・ウーソフさん(31歳)は、今から6年前に1匹の黒猫を保護施設から引き取った。毛並みの長いそのオスの黒猫を施設で見たウーソフさんは、一目で何かしらの繋がりを感じたそうだ。

 サーシャと名付けられた猫は、ウーソフさんが飼っている犬の散歩にも一緒についていくほど、いつもウーソフさんにべったり懐き、ウーソフさんもサーシャをとても可愛がっていたという。

 オレゴン州の住宅地では広い庭もあることから、猫を自由に行き来させているのが一般的のようだ。ある日の夜、ウーソフさんがサーシャを外に出したところ、サーシャはいつものように戻ってくることはなかった。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月26日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。