ロボット警察犬が誕生の予感。アメリカの警察が犬型ロボット「スポット」の採用を検討中(マサチューセッツ州)

ロボット警察犬が誕生の予感。アメリカの警察が犬型ロボット「スポット」の採用を検討中(マサチューセッツ州)


 ロボコップならぬロボコップドッグが誕生しそうな動きがある。

 数ヶ月前、犬のような4足歩行ロボット「スポット」の一般向けリースがはじまったことはお伝えした通りだが、どうやら警察がひそかに関心を示していたことが明らかになった。

 アメリカメディアなどが入手した文書によると、マサチューセッツ州警察の爆弾処理班が8月から11月にかけてボストン・ダイナミクス社の4足歩行ロボット「スポット(Spot)」をリース契約して、その性能を試していたらしいのだ。

 文書にスポットが具体的にどのように使われたのか記されていないが、どうやら怪しいものや危険な場所を監視するための「移動式監視デバイス」として使われたようだ。
[動画を見る]
The Best Robots on Four Legs with Marc Raibert (Boston Dynamics)

【試験だけでなく、2件の実戦投入も】

 マサチューセッツ州警察の話によると、訓練のほかに、実際の事件2件にも投入されたようだ。

 その事件がどのようなものだったのか詳しいことはわからない。スポットが人間によって操作されていたのか、それとも自動で動作していたのかも不明だ。だが、警察がそのソフトウェアをカスタマイズしたようなことは特になかったという。

 何しろリース契約は警察がスポットの写真を撮影することも禁止しているとのことで、はっきりしたことは何も伝えることができない。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月29日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。