死亡保険金の支払いを渋る保険会社に、親族ら遺体を持ち込み死亡を証明(南アフリカ)

死亡保険金の支払いを渋る保険会社に、親族ら遺体を持ち込み死亡を証明(南アフリカ)


 南アフリカで、老舗の保険会社に遺族らが遺体を持ち込むという出来事が起こった。この遺族らは、亡くなった身内の葬儀のために死亡保険金請求をしていたにも関わらず、保険会社が支払いを渋り続けていたのだ。

 死者のためにきちんと葬儀を出してあげたいと願う遺族らの強硬手段によって、ビニール袋に包まれた遺体という「証拠」を目の当たりにした保険会社は、直ちに支払いを完済したという。
[動画を見る]
Corpse taken to Old Mutual office as proof of death

【亡くなった身内の葬儀の費用に遺族らが保険金を請求】

 11月7日、南アフリカのクワドゥクザでシフィソ・ムチャーリ(Sifiso Mtshali)さんが、45歳の若さで死亡した。

 遺族らは、シフィソさんの葬儀費用のためにと11日にクワズール・ナタール州にある保険会社「オールド・ミューチュアル・サウス・アフリカ(Old Mutual SA)」を訪れ、シフィソさんの死亡書類を提出し、保険金3万ランド(約224000円)を請求した。

 1845年に創立され、ヨハネスブルグに本拠地を持つこの保険会社は、南アフリカで最も老舗の保険会社とされており、銀行、投資、貯蓄の各部門も運営している大手の総合金融機関だ。

 シフィソさんの死因が自然死であることは書類に記されてあり、当然手続きがスムーズにいくと遺族らは思っていた。ところが、予想していた日数で保険が出ることはなく、遺族らは葬儀の手配を進められないまま、苦痛の日々を過ごさねばならなかった。

[画像を見る]

【遺族ら、身内の遺体を遺体袋に入れて保険会社に持ち込む】

 9日間の間、シフィソさんの遺族であるタンダーサ・ムチャーリ(Thandaza Mtshali)さんと、彼女のおばのントンベ・ムロンゴ(Ntombenhle Mhlongo)さんは、何回か保険会社の事務所に出向き、支払いがどうなっているのか尋ねた。

 しかしその度「審査中」「死亡が証明されるまでは支払えない」という答えしか返って来ず、大切な身内の葬儀ができないムロンゴさんたちは怒りを覚えた。

 そこで、彼女らは強硬手段に出た。シフィソさんの亡骸が預けられてある遺体安置所スタッフと葬儀会社に話しをし、シフィソさんの遺体を青いビニール製の遺体袋に入れ、車で保険会社まで持ち込んだのだ。

[画像を見る]

 ムロンゴさんは、彼の身分証明書と死亡証明書を再度添え、書類と一緒に窓口のスタッフに突きつけた。

 するとスタッフは、直ちに手続きし、保険金の完済に同意。ムロンゴさんたちはようやくシフィソさんの死亡保険金を得ることができた。

 シフィソさんの葬儀はその後すぐに執り行われ、亡骸は家の裏庭に埋められたという。

[画像を見る]

【「死亡を信じてもらえないなら実物で証明するしかなかった」】

 ムロンゴさんは、今回の1件をメディア取材で次のように語った。

私たちは、決してお金持ちではありません。むしろ、貧乏人です。支払いを拒否され続けて心が折れました。保険金が出ないことには、葬儀費用がないということなのです。

完済まで48時間と言われたのに、9日間も待たされて、何度尋ねても審査中としか返ってこず、怒りが湧きました。

私たちは、ちゃんと葬儀をして彼を埋めてやりたいという思いしかありません。書類提出に不満なら、実物を見せればさすがに納得するのではと思い、遺体を持ち込みました。

そしたら、審査云々など一言も言わずにすぐに手続きをして支払いがなされたのです。

[画像を見る]

 一方、オールド・ミューチュアル・サウス・アフリカのスポークスマンは、このような声明文を発表した。

当社は、今回の1件が起こってしまったことを後悔し、支払いが遅れた状況を苦痛に感じております。11日に申請がなされ、15日に支払われる前に、追加審査をしており遅れてしまいました。

通常、葬儀費用の請求の99%は、書類を受け取ってから8時間以内に支払われております。


【ツイッターでも「非常に稀で残念なケース」と保険会社】

 保険金完済を渋る保険会社に業を煮やした遺族らが取った強硬手段の光景は、事務所にいた人により動画に収められた。

 ツィッターユーザー「White Man Confession」が11月19日にその動画を投稿し、「保険会社の傲慢さには反吐が出る。なんて恥知らずな。亡くなった人が安らかに眠れますように」とツイートすると、たちまち拡散し、大きな反響を呼んだ。


 これを受けた保険会社側は、「これは非常に稀で残念なケースだ。辛い時期にいる遺族らには同情している。請求に応じて、保険金は支払われた。デリケートな問題のため、遺族と直接やりとりを続けていく所存」とツイッターで返信。

 しかし、遺族に苦痛を与えた保険会社に対しては、SNS上では次のような声が寄せられている。

・この遺族らにとって、ここまでしなければならなかったことは、トラウマ的苦痛でしかなかっただろう。

・この保険会社は、黒人の保険金請求は絶対に支払おうとはしない。過去数週間、自分は支払いを拒否するためにスクリーニングさせられたことがあるからね。

・遺族の気持ちを思うと、気の毒でならない。身内を亡くしたことだけでも辛いのに。

・うちの母親もこの保険会社に嫌な目に遭わされたわ。ポリシーが古いとかで、結局支払われたお金は払われるべき金額の2割程度だった。今でも怒りを感じているわ。
→・それは単なる支払いたくないだけの言い訳だよ。最低だな。

・保険会社は、大抵が掛け金だけさせて支払いを渋るってところが多いよ。

・それにしてもこの状況は、悲しすぎるの一言だよね…。

References:Metroなど / written by Scarlet / edited by parumo

記事全文はこちら:死亡保険金の支払いを渋る保険会社に、親族ら遺体を持ち込み死亡を証明(南アフリカ) http://karapaia.com/archives/52285177.html

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月2日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。