二酸化炭素を食べて増殖する腸内細菌の開発に成功(イスラエル研究)

二酸化炭素を食べて増殖する腸内細菌の開発に成功(イスラエル研究)

TeGy from Pixabay
 イスラエル、ワイツマン科学研究所で誕生した細菌は二酸化炭素しか食べない。その体のバイオマスは、すべて空気中に含まれる二酸化炭素で構成されているという。

 『Cell』(11月27日付)に掲載された研究によると、ほぼ10年にもおよぶ歳月をかけ、ブドウ糖を食べるある腸内細菌の食生活を完全に変えることに成功したという。その腸内細菌とは、ずばり大腸菌である。

 将来的には、食糧や燃料としての利用や、温暖化の原因となっている大気中の二酸化炭素の抑制につながることが期待できるそうだ。
【二酸化炭素を作り出しそれを食料とする細菌の開発】

 ざっくり言って、生物は「独立栄養生物」と「従属栄養生物」にわけることができる。

 独立栄養生物者は、光と二酸化炭素のような無機物から自分の食料を作り出せる生物で、たとえば植物などがある。従属栄養生物は、他の生物や有機物を食べることで生きる生物で、動物や細菌などがこれに属している。

 なお、地球上のバイオマス(特定の時点においてある空間に存在する生物(バイオ)の量(マス))の大半を占めるのは前者であり、私たちに不可欠な食事や燃料の供給源としても大切な存在だ。

 今回の研究は本来、従属栄養生物である細菌を独立栄養生物にしてしまおうという試みだ。つまりは、二酸化炭素だけで自分の食事を作れるようにしてしまおうというのだ。

[画像を見る]
Gerd Altmann from Pixabay

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月6日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。