砂糖と同じ味なのにカロリーは約3分の1、細菌を利用して安全な天然の糖を作る試み(米研究)

砂糖と同じ味なのにカロリーは約3分の1、細菌を利用して安全な天然の糖を作る試み(米研究)

Image by Fascinadora/iStock
 食卓に置かれている普通のお砂糖と同じ甘味がありながら、カロリーは38%しかない。それでいて人工甘味料ではなく、れっきとした天然の糖である。そんな夢のお砂糖が実は既に存在しているのだ。

 タガトースと呼ばれている単糖は、砂糖そのままの風味が味わえる単糖で、2001年に国連食糧農業機関と世界保健機関から安全宣言が出され、日本でもすでに食品添加物として認められている。

 ただ残念なことに生産コストが非常に高い。故に一般に出回っていないのが現状である。そんな現状を打破するべく、アメリカの研究者たちは、細菌を利用し、タガトースの効率的な生産を試みた。

 この試みは成功し、もしかしたら近い将来、砂糖の代用品としてタガトースをご家庭で使用できる日が来るかもしれない。
【タガトースが希少な理由】

 低カロリーで血糖の上昇や虫歯の原因を抑えタガトースは未来の砂糖として期待を持たれているが、その生産コストがとにかく高い。果物や乳製品から抽出することはできるが、ほんの少ししか手に入らないという。

 原材料となるガラクトースからタガトースへの転換プロセスがはなはだ非効率的で、生産高は30%しかない。早い話が希少品なのだ。

 ガラクトースからタガトースを作るには、「L-アラビノースイソメラーゼ(LAI)」という酵素を使う。

 ところが困ったことに、ガラクトースはLAIの本来の標的ではない。タガトースへの転換効率が悪いのはこのためだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月14日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。