2019年、世界に影響を与えた科学研究論文引用率で、中国がイギリスを追い抜く

2019年、世界に影響を与えた科学研究論文引用率で、中国がイギリスを追い抜く

JerzyGorecki/pixabay
 科学には研究論文がつきものだ。科学の中にもそれぞれの分野があり、世界中の研究者たちが自身の研究成果を伝えるために論文を執筆しているが、個々の論文が世間に対してどの程度の影響を与えるのかを知ることが、研究者らにとって非常に重要なこととなる。

 アメリカに拠点を置く国際情報サービス会社「クラリベイト・アナリティクス社」の事業部門であるWeb of Science Groupは、「世界高被引用論文著書(Highly Cited Researchers)」リストの2019年度版を11月19日に発表した。

 2014年から毎年恒例となっているこの発表では、引用された論文の数の多さから、世界中で強い影響力のある研究者や所属国または機関などを割り出している。

 今回注目されているのが、去年3位だった中国がイギリスを追い抜いて2位になったことだ。1位は前年同様アメリカとなっている。
【全世界に大きな影響を与える高被引用論文著者】

 研究論文が他の研究者に引用された数が特に多い研究者6,217人を、「高被引用論文著者リスト2019年版」として発表したクラリベイト・アナリティクス社。

 従来の学術論文の影響度を推し量る方法では、ジャーナル誌に掲載された個々の研究論文の被引用回数まで調べることができないという難点があったことから、同社は高被引用論文著者という概念を設けた。

 高被引用論文とは、世界に与えるインパクトの高い論文数分析において、後続の研究に大きな影響を与えている論文のことを示し、科学全体を自然科学および社会科学の21の分野に分類し、各研究分野で過去10年間の累計被引用数が世界トップ1%に入る論文を、このように定義づけている。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月7日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。