イヌイット族はどのようにして北米に到達し、広がっていったのか?(国際研究)

イヌイット族はどのようにして北米に到達し、広がっていったのか?(国際研究)

ZU_09/iStock
 シベリアやアラスカに住んでいるエスキモーのイヌイット族は、どのようにして北米の凍える過酷な地を制覇したのか?その理由が判明した。

 そのカギは、不毛の台地を駆け巡ることのできる、彼ら独自の犬を導入したことだという。この特別な犬たちの最高のパフォーマンスは、イヌイット族のスムーズな移動や狩りに大いに役立ったのだ。
【イヌイット族が導入した特別なソリ犬】

 北極圏の犬やオオカミは、4500年以上この厳寒の地に生息していた。そこで研究者たちの国際チームは、1000年前の彼らの骨を調べ、900頭以上のDNAを分析した。

 この多数のデータを使って、イヌイット族がこの地にやってきたときと同時期の人口推移マップを作ることができた。

このたび発表された新たな発見から、現代のイヌイット族の祖先が、新しい特別な能力をもった犬をこの地に導入したことが初めてわかった。

[画像を見る]
Cheryl Ramalho/iStock
【犬の特性を強化】

 もともと地元の犬はいたが、たいていもっと小規模な数だった。

 イヌイット族は、北米に生活範囲を広げるために、犬たちが役に立つことを知っていて、自分たちの犬の特性を強化しようとしたことが研究からわかる。

 研究リーダーのエクセター大学のカーリー・アミーンは、この発見の重要性について語る。

考古学的にも訓練や規律の観点からも、犬、とくにそり犬には長い間、関心を寄せていましたが、イヌイット時代以前の北極の犬は、研究対象になっていませんでした

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月2日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。