登校時間を選択できる自由があるだけで睡眠不足は解消される。ドイツの高校生を対象に行われた研究実験

登校時間を選択できる自由があるだけで睡眠不足は解消される。ドイツの高校生を対象に行われた研究実験

seb_ra/iStock
 多感な高校時代は、勉強にせよ遊びにせよ、つい熱中してしまって、気がついたらこんな時間なんてことはよくあるものだ。

 夜更かしをした次の日の朝、けたたましく鳴る目覚ましによって無理やり夢の国から追い出される。大慌てで身支度して、眠い目を擦りながら学校へ向かう。睡眠不足の学生の出来上がりだ。

 今回ドイツの高校生を対象に実験したのは、1限目の授業に出席しなくてもいい権利を与えることだ。その結果、権利を使用するしないにかかわらず、登校時間を選択できる自由があるだけで睡眠不足は解消されることがわかった。
【世界的に問題となっている学生の睡眠不足】

 学生の睡眠不足は世界的に問題となっている。それはもはや個人の生活習慣の問題を超えて、公衆衛生上の問題と認識されている。

 慢性的な睡眠不足は、授業中の集中力を奪うだけでなく、通学路で事故に遭う危険性を高める。さらにうつ病、肥満、糖尿病などのリスクも上がる。

 こうしたことを鑑みれば、学校の始業時間を遅くしろという声が大きくなったのもうなずけるだろう。

 だが、仮に始業時間をズラしたとして、本当に良い結果が得られるのだろうか? 本当に学生の睡眠不足が解消されて、成績が向上するのだろうか?

[画像を見る]
Kerstin Herrmann from Pixabay
【1限目を出ても出なくてもいい権利を高校生に与える実験】

 ドイツ、ミュンヘン大学の研究グループは、ある高校で学生に1限目の授業に出席しなくてもいい権利を認めるという実験を行ってみた。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月25日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。