恐怖だけで死者が出たいわくつき物件。ロンドンの幽霊屋敷にまつわる説(イギリス)

恐怖だけで死者が出たいわくつき物件。ロンドンの幽霊屋敷にまつわる説(イギリス)
       

Kincse_j/pixabay
 古い屋敷には幽霊が住み着いているという噂も多い。それが事実かそうでないかは別として、イギリスのロンドンにもそのような“いわくつき物件”が存在する。

 ロンドン中心部メイフェアにある4階建てのタウンハウスは、周りの建物同様美しい景観を放っているが、バークレー・スクエア50番地にある最上階の屋根裏部屋は「幽霊屋敷」として知られており、居住者はこの物件の地方税を払うことが免除されていたこともあったそうだ。

 過去の複数の記録によると、これまでにその部屋に宿泊したり立ち入ったりした者は、恐怖により死亡するという事例があるという。
【ロンドン中心地メイフェアの幽霊屋敷】

 ロンドンの中心部メイフェア地区には、美しいタウンハウスが建ち並び、バークレー・スクエア周辺には、おしゃれなブティックやカフェが並ぶ通りもあり、人気の観光地となっている。

 しかし、バークレー・スクエア50番地といえば、ロンドンで最も悪名高い幽霊屋敷のひとつだ。

[画像を見る]

 現在は、英国御用達のアンティーク書店「Maggs Brothers」が入っており、かつてはジョージ・カニング元首相の邸宅でもあったが、この縦長のフラット(日本でいうアパート)が建てられたのは18世紀半ば頃とされ、1859年にトーマス・マイヤーズという男性が引っ越してから、奇妙な出来事が起こるようになったそうだ。
カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「恐怖だけで死者が出たいわくつき物件。ロンドンの幽霊屋敷にまつわる説(イギリス)」の みんなの反応 2
  • Leechieleong李志良 通報

    幽霊は解決するために私に連絡してください Google FB-Leechieleong李志良

    0
  • 匿名さん 通報

    日本だっていくらでもあるよ。兄が妹を殺した家の跡地に建った新築物件は買い手が二度も逃げ出している。2020年1月現在まだ売り出し中。インチキ霊媒師には解決できない。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月12日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。