老化が急速に進むのは人生で3回。34歳、60歳、78歳の時にやってくる(米研究)

fcscafeine/iStock
 ゆっくりと顔にシワが刻まれ、体が少しずつ重くなっていく。人は一定のペースで老化していくという印象があるが、実はそうではないらしい。

 人生で3回、ある年齢を迎えると急速に老化が進むという事実が、アメリカ、スタンフォード大学の研究で明らかとなった。

 その老化年齢は34歳、60歳、78歳。この年齢になると血中のタンパク質レベルが変化し、大幅な老化を経験することになるという。
【34歳、60歳、78歳で人は急速に老化する】

 『Nature Medicine』(12月5日付)に掲載されたその調査では、18歳から95歳までの4263人の血液サンプルを用いて2925の血漿タンパク質を分析。その結果、血漿に含まれるタンパク質の濃度と構成が34歳、60歳、78歳でガラリと変わっていたのだという。

 体のコンディションは血中のタンパク質に直接依存している。タンパク質が体内の各細胞からの指示を実行する働きを担っているからだ。タンパク質レベルの大幅な変化はすなわち、身体の変化を意味する。

 この結果から、老化は一定のペースで継続的に進行するのではなく、3つの年齢で急激に進むことが示されたというのだ。

[画像を見る]
master1305/iStock
【日常でわかる老化のサイン】

 そうは言っても、やはりこれらの年齢を過ぎてからも比較的若く見える人や、反対にやたらと老けて見える人もいるだろう。