体育館の屋根が吹き飛ぶ!猛烈な突風、マイクロバーストの恐ろしさ(アメリカ)

体育館の屋根が吹き飛ぶ!猛烈な突風、マイクロバーストの恐ろしさ(アメリカ)


 今月14日、アメリカのノースカロライナ州で、小学校の体育館が猛烈な突風に襲われ屋根の一部が破損、生徒が負傷する出来事があった。

 この突風は、マイクロバーストという強力かつ局地的な下降気流によるもの。

 この気流は、飛行機の墜落を招くこともある、恐ろしいダウンバーストの一種であり、アメリカでも甚大な被害をもたらすと恐れられている。
 
 生徒と教師がいた体育館を直撃し、屋根の破片や瓦礫とともに吹き荒れたマイクロバーストのすさまじい力をとらえた衝撃映像が公開されていた。
[動画を見る]Video shows students running as storm tears down part of NC school

【突然の激しい突風と吹き込む残骸。その時彼らは…】

 動画はその瞬間をとらえたカメラの映像だ。

[画像を見る]

 当初、館内ではおよそ20人の生徒と教師1人がバスケットボールなどをしていたが、壊れた屋根の残骸が吹き込んでくると同時に必死で逃げだした。

 生徒たちはすぐに走り出したものの、猛烈な強風が入った際、3人が怪我を負ったという。

[画像を見る]

 だが幸運なことに軽傷で命に別状はないという。この時間、学校があるサンプソン郡には激しい雷雨警報が出ていた。

【局地的な範囲で吹き降ろすマイクロバースト】

 マイクロバーストとは、上空から地表に吹き降りる猛烈な下降気流ダウンバーストの一種だ。

マイクロバーストの例:2019年にノースカロライナ州で発生したもの

 ちなみにダウンバーストは、上空が低温で地表が高温の時など温度差で発生する積乱雲からの下降気流のうち、極めて強力なものを指す。

 下降中に弱まることなく、地表付近に吹き降りて放射状に広がる強風は、たびたび深刻な被害をもたらす。

 実際、離着陸時の飛行機がダウンバーストの影響で墜落する事故なども時折発生している。

 そしてマイクロとは、ダウンバーストの風の範囲による呼称で、一般に4km以上だとマクロバースト、4km未満のものはマイクロバーストと呼ばれるそうだ。

【風速38mの恐怖。雷雨時に発生する傾向も】

 それなら範囲が狭いマイクロのほうがマシなんじゃ?って気もするが、実は一般的にはマイクロバーストのほうが風速が速くて強力だという。

 なおアメリカのアメリカ国立気象局は、この体育館を襲ったのがマイクロバーストによる風速38mもの風だったと発表。

 またマイクロバーストは雷雨の際に見られる現象で大きな被害を引き起こす恐れがある、とコメントしている。

【崩落の中、祈りながら逃げていた生徒も】

 局地的な範囲を叩きつけるように吹き降りる凶暴な風。今回のケースは、マイクロバーストの怖さをあらためて実感する出来事になった。

被害直後の体育館の外観

 当時、体育館にいて逃げた生徒の一人は、建物が崩れ落ちる音を聞いたと語っている。

 「そのときすぐにみんなが無事でいられますようにって祈ったんです」

 現在ガラスや瓦礫が散乱した体育館は修復のため閉鎖されている。


 一方、学校の広報は壊れた建物は再建できるとし、なにより生徒が助かって良かった、本当に幸運だった、と最悪の事態を避けられたことに感謝している。

References:myfox8 / wbtv / abc11 / youtube / など /written by D/ edited by parumo

記事全文はこちら:体育館の屋根が吹き飛ぶ!猛烈な突風、マイクロバーストの恐ろしさ(アメリカ) http://karapaia.com/archives/52286791.html

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月18日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。