太陽系よりも古い、地球上で最古の物質が発見される(共同研究)

太陽系よりも古い、地球上で最古の物質が発見される(共同研究)

ESA/HUBBLE/NASA/JANAINA AVILA
 地球上で最古の物質が発見された。それは太陽系よりも数十億年は古いという。

 国際的研究グループが発表した最新の研究によると、その微細な粒子は、50~70億年前に遠方のどこかの星で形成され、それが隕石に閉じ込められて地球に運び込まれたのだそうだ。
【太陽誕生より前に形成された太陽系外起源の粒子】

 太陽の年齢は46億歳だが、隕石からこれ以前の粒子が発見されたことが、これまでにまったくなかったわけではない。ただしきわめて珍しい。

 太陽系の同位体組成とはまったく異なる同位体組成をもつ太陽系外起源の粒子は「プレソーラー粒子」と呼ばれており、小さく、しかも岩石の奥深くに埋れている。当然、そう簡単には見つからない。
 

 プレソーラー粒子が発見された事例としては、1969年9月にオーストラリア上空で爆発し、破片を飛散させた「マーチソン隕石」が挙げられる。
 
[画像を見る]
マーチソン隕石

 米フィールド自然史博物館は52キロのマーチソン隕石を入手し、入念に調査。内部からは炭化ケイ素の微細な粒子が数多く発見され、隕石の起源が太陽系の外にあり、それよりも古いであろうことが判明した。

 ただし、1990年代のその時点では、分析機器の性能の限界ゆえに、正確に年代を特定することができなかった。

【75億年前に形成された粒子】

 宇宙を飛び交う宇宙線は、隕石のような物体を透過して新しい元素を形成するなど、内部にその痕跡を残す。新しい元素は宇宙線に暴露した期間が長ければ長いほどたくさんできるので、ここから暴露していた長さを推定することができる。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月24日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。