がん細胞だけを殺す免疫細胞が発見される。万能ながん治療の開発につながると期待(英研究)

がん細胞だけを殺す免疫細胞が発見される。万能ながん治療の開発につながると期待(英研究)

enot-poloskun/iStock
 ほぼすべてのがん細胞を標的にして殺すことができる――そんながん治療に革命を起こすかもしれない免疫細胞が新たに発見されたそうだ。

 人体での試験はまだ行われていないが、万能ながん治療法の開発につながるのではと期待されている。
【CAR-T細胞療法の問題点】

 がん治療における最近でのもっとも素晴らしい進歩の1つは、CAR-T細胞療法の開発だ。患者から抽出したT細胞(免疫細胞の1つ)を再プログラムして、治療対象となるがん細胞が持つ特定のタンパク質を標的にさせる。

 患者本人のT細胞を使うので、個人に合わせてカスタマイズされている点が特徴で、アメリカでは2017年、日本では2019年3月(5月からは保険適用も)に承認されている。

 しかし、この療法は高価(ノバルティスの「キムリア」の保険償還価格3349万円)で、時間もかかるし、重大な副作用の懸念がないわけでもない。

 また、あらゆるがんを標的にする普遍的なT細胞受容体(TCR)がないという大きな制約もあった。

 TCRはT細胞の表面に備わっているセンサーのようなもので、T細胞はこれを通じて抗原(ウイルス・細菌・がん細胞)を認識する。

 どのようながん細胞であっても認識できる普遍的なTCRがあれば、T細胞はあらゆるがん細胞を攻撃できることになるが、実際のところ、そのようなTCRは存在しないだろうと考えられていた。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月24日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。