エンケラドゥスの海には、生命が生存可能な条件が整っている可能性(米研究)

エンケラドゥスの海には、生命が生存可能な条件が整っている可能性(米研究)

dottedhippo/iStock
 土星の第2衛星 エンケラドゥスは、表面をおおう氷の下に海をたたえており、もしかしたら生命が存在するかもしれないと期待されている星だ。

 そして最新の研究でも、やはりその海は生命が暮らせる条件が整っているかもしれないと指摘している。
【エンケラドゥスの氷の下に広がる海の底で何が起きているのか?】

 今回、米サウスウェスト・リサーチ・インスティテュートの研究グループは、土星探査機カッシーニがもたらしたデータから、プルーム(表面から噴出される物質)に含まれている分子を解析。ここからエンケラドゥスの海に溶けている二酸化炭素濃度を推定し、そこで起きているプロセスのモデル化を試みた。

 「プルームの構成を理解すれば、その海がどのようなもので、なぜ現在の姿になったのか、生命が生存できる環境かといったことを知ることができます」と研究の中心人物、クリストファー・グレイン博士はコメントする。

 『Geophysical Research Letters』(1月10日付)で報告されているように、エンケラドゥスの海底は、炭酸塩鉱物が豊富に含まれる堆積岩(石灰岩のようなもの)で構成されていると考えられるようだ。

 さらにその下には、マグマのような溶けた鉱物からできた火成岩から形成され、鉄やマグネシウムを豊富に含む蛇紋石鉱物があると考えられるという。

[画像を見る]
NASA/JPL-Caltech

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月29日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。