ジャングルで34日間さまよった母と3人の子供、果実で飢えをしのぎ無事救助(ペルー)

ジャングルで34日間さまよった母と3人の子供、果実で飢えをしのぎ無事救助(ペルー)

Hans/pixabay
 コロンビア人の母子4人が、家族に会いに行く途中で道に迷い、知らずに国境を越えペルーのジャングルでさまよってしまった。

 34日間もの間、母子は果実や種を食べて飢えをしのいでいたという。ようやくペルーの先住民に発見され救助隊に保護された。
【母子4人、父親に会いに行く途中で道に迷う】

 コロンビアのプエルト・レグイサモに住む母親(40歳)と10歳、12歳、14歳の子供3人は、12月19日にペルーとコロンビアの国境近くの人里離れた場所に住む身内に会いに行き、その後父親と待ち合わせをしていた場所へ向かおうとした。

 しかし、約束の時間になっても母子が現れず、心配した父親は行方不明届を出した。その頃、母子4人は途中で道に迷い、ペルーのジャングルに入り込んでしまっていた。

[画像を見る]
bere69/pixabay
【気付かず、国境を越えてペルーのジャングルへ】

 後にコロンビアメディアが報じた情報によると、母親は道を半分ほど来た時点で迷ったという。

 4人は川に沿って歩いていたが、知らない間国境を越えてペルーに入った。そしてジャングルの中で、34日後にペルーの先住民セコヤ族のメンバーに発見された。

 セコヤ族のメンバーの1人が、ペルーの海軍へ連絡。母子4人の情報を得たコロンビア海軍が180km下流までホバークラフトを派遣し、親子を救助・保護した。


【母子、無事に父親と再会できる】

 コロンビアのメディアは救助の様子をTwitterの動画でシェア。そこには、母子が父親と再会し、父親が子供を抱きしめている光景が捉えられている。

 母親は救助に来たコロンビア海軍に、「30分ごとに水を飲まなければ、気を失いそうになった。」「子供たちは、もうこれ以上歩くことができないと言っていた。」と話していたという。

[画像を見る]
Marzena7/pixabay
 母子4人は、34日間ジャングルをさまよっていた間、果実や種、植物など食べられそうなものはなんでも口にして飢えを凌いでいたそうだ。

 救助後、母子はコロンビアの病院へ搬送され、栄養失調と脱水症状の治療を受けた。また、4人に切り傷や噛み傷、刺し傷があることから、病院ではマラリアや黄熱病など蚊媒体性疾患の検査予定をしているということだ。

References:globalnewsなど / written by Scarlet / edited by parumo

記事全文はこちら:ジャングルで34日間さまよった母と3人の子供、果実で飢えをしのぎ無事救助(ペルー) http://karapaia.com/archives/52287284.html

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月3日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。