仲間の死を悼む象、遺体が腐った後もずっと関心を持ち続けている(米研究)

仲間の死を悼む象、遺体が腐った後もずっと関心を持ち続けている(米研究)

ArtTower / Pixabay
 象は仲間の死を理解し、悼む動物として知られている。亡骸に集まって追悼する象たちのエピソードは人間の心を打つ。だが、意外にも、象特有の仲間の遺体に対する行動は、意外にもこれまで包括的に研究されたことがなかった。

 『Primates』(2019年11月11日付)に掲載された研究は、それを行なった貴重なもので、新たな洞察が得られた。

 それによると、象は、遺体が腐った後も関心を持ち続けていることがわかったという。また、特に親しい仲間の遺体じゃなくても関心を寄せるという。
【象の遺体に関する関心は、遺体が腐っても続く】

 アメリカ、スミソニアン保全生物学研究所(Smithsonian Conservation Biology Institute)などのグループによる研究では、アフリカで野生の象の遺体を観察した12本の文献をレビューし、そこに共通する傾向を割り出した。

 それによると、象は仲間の遺体に対して一般的な関心を示す習性があり、それは白骨死体のような腐敗がかなり進んだものに対してもそうなのだという。しかも、特に親しかった仲間の遺体でなくても関心を寄せる。

 一番よく見られる行動は、遺体に近寄る、触る、調べるというものだ。そうした行動は、優れた嗅覚を使って、遺体の身元を確かめようとしているようにも見えるという。

 鳴き声をあげたり、死んだばかりの遺体を持ち上げたり、引っ張ったりしようとする行動も観察されている。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「仲間の死を悼む象、遺体が腐った後もずっと関心を持ち続けている(米研究)」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    人間と同じですよ。誰かが死ねば悲しい。泣く。涙を流す。

    0
  • 匿名さん 通報

    像の世界に糸抜歯がありませんように。。。

    0
この記事にコメントする

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月11日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。