知られざる自然の驚異。水の代わりに大量の岩石で埋め尽くされたロシアにある「石の大河」

知られざる自然の驚異。水の代わりに大量の岩石で埋め尽くされたロシアにある「石の大河」


 ロシア、南ウラル山脈にあるタガナイ国立公園では、おもしろい光景が見られる。水ではなく、岩石の川が深い松の森の間を貫き、延々と続いているのだ。

 実際にその光景を目の当たりにすると、幅200m、長さ6kmもの長い川を覆い尽くす石の量に圧倒されるだろう。

 10トンにもなる石の層の深さは4~6メートルもあり、ここで地衣類以外の植物はほとんど育たないという。
【まさに珍百景、大きな川を全て覆い尽くす大量の石】

 こうした石の川は、ブルガリアのヴィトシャ山塊やフォークランド諸島など、世界中にある。だが、ロシア、チェリャビンスク州にあるこのビッグ・ストーンリバーは、その中でも群を抜いて壮観だ。

 幅20メートルほどの石塊の"支流"に始まり、これがいくつか合流して、最終的に幅200メートルもの巨大な石の川になる。場所によっては幅700メートルになるところもある。それが6キロメートルも続いているというのだから圧巻だ。

[動画を見る]
Ноев потоп и Таганай, ледяное небо Эдема,каменные реки.

【なぜこんな巨大な石の川ができたのか?】

 どうして、南ウラルには、こんな巨大な石の川ができたのか?伝説や言い伝えはいろいろあるが、研究者たちはこう考えている。

 1万年以上前、タガナイ山の頂上から崩れ落ちた氷河が谷に流れ込んで、クウォーツ(石英)の一種であるアベンチュリンガラスの跡を残したというのだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク